いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ

HIV・エイズの基礎知識 


エイズ・・・あなたは「関係ないと思っていませんか?現在アジア地域ではHIV感染者・エイズ患者とも急増してきており、日本でもHIV感染者・エイズ患者の継続的な増加傾向が続いています。2007年の1年間に新たに報告されたHIV感染者・エイズ患者は合計1500人と4年連続して1000人を超え、最多記録を更新するなど、予断を許さない状況となっています。HIV・エイズは決して他人事ではありません。まずはHIV・エイズについて知ることからはじめてください。(HIV感染者:HIVに感染しているがエイズを発症していない段階、エイズ患者:症状が出てきてエイズを発症した状態)

サイトマップ TOP >

エイズの現状

HIV・エイズの発生動向

日本における新規HIV感染者エイズ患者の報告件数は、昭和60年に初めてエイズ患者が確認されて以降増加傾向を示しており、平成19年末における累積感染者・患者報告数は合計13000人を超えたところです。



厚生労働省エイズ動向委員会によると、近年の傾向として、新規HIV感染者が増加し続けていること、診断時には既にエイズを発症している患者が全体の30%を占めていることが挙げられます。

感染者の傾向

HIVの新規感染事例を分析すると、地域的に見た場合、従来は東京都をはじめとした関東地方を中心に増加傾向が見られましたが、近年は地方の大都市においても増加傾向がみられ、感染の拡大が地方においても進んでいます。

新規感染者を年齢別に見た場合、この5年間に感染した者のうち、29歳以下が全体の約32%、30代が40%を占めており、比較的若い世代を中心に、感染の拡大が進んでいます。

また、感染経路別に見た場合、感染経路が不明なものを除き、性的接触による感染がほとんどを占めており、異性間・同性間の性的接触が全体の97%を占めています。



新規HIV感染者・エイズ患者報告数

新規HIV感染者・エイズ患者報告数

年齢・男女別新規HIV感染者数

年齢・男女別新規HIV感染者数

新規HIV感染者の感染経路別内訳

新規HIV感染者の感染経路別内訳



エイズの現状
感染の予防
検査・相談体制
自分や周囲の人が感染した場合
身体障害者手帳申請の手続き
高額療養費制度について
障害年金について
エイズについての相談窓口
リンクについて
リンク集














































































HIV・エイズの基礎知識 All copyrights 2009 by 小田篤史 Google


当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。

HIV・エイズの基礎知識C型肝炎の基礎知識白内障の症状と治療口唇ヘルペスってどんな病気?痔の種類と症状と養生法関節リウマチの新しい治療法緑内障ってどんな病気?社会不安障害(SAD)とはニコチン依存症アトピー性皮膚炎のQ&A不眠症を語る〜睡眠がとれないとどうなる?不眠のQ&A〜インフルエンザを予防しようメタボリックシンドローム〜高尿酸血症編〜関節リウマチガイド〜関節リウマチを知る〜もしかして喘息?喘息とアレルギー性鼻炎のつながりとは肺炎球菌予防ワクチンとはアトピー性皮膚炎を説明するサイトアスペルガー症候群を知る〜基礎編子宮頚がんとは妊娠・授乳と喘息治療じんましんとは?PETによるがん健診を知る睡眠時無呼吸症候群とはしっかり治そう慢性副鼻腔炎しっかり治そうこどもの中耳炎声のかすれ「嗄声(させい)」とは?大人のアスペルガー症候群との接し方うつ病サポートガイドステロイド薬不使用のアトピー治療についてアトピー・アレルギー・喘息のサイト家庭の食中毒〜発熱・腹痛に要注意〜超わかりやすい認知症ケアのマニュアルレーシックではなく近視を改善する視力回復法選ぶ・使うコンタクトレンズガイド老眼は脳の視力回復トレーニングで改善する自閉症の自立の支援ガイドもしかしてアスペルガー症候群〜診断とテスト〜こういう病院は危険です〜医療を選ぶ〜インプラントの達人が伝える100%成功の秘密ED治療の最前線パーソナリティ障害とは花粉症の治療法最前線インプラント治療の知識と費用と歯科医の選び方不安障害を説明するサイト尿酸値と痛風年齢・原因別不妊治療ガイドうつ病とは〜症状と治し方〜いびきの治療と原因