いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ

HIV・エイズの基礎知識 


エイズ・・・あなたは「関係ないと思っていませんか?現在アジア地域ではHIV感染者・エイズ患者とも急増してきており、日本でもHIV感染者・エイズ患者の継続的な増加傾向が続いています。2007年の1年間に新たに報告されたHIV感染者・エイズ患者は合計1500人と4年連続して1000人を超え、最多記録を更新するなど、予断を許さない状況となっています。HIV・エイズは決して他人事ではありません。まずはHIV・エイズについて知ることからはじめてください。(HIV感染者:HIVに感染しているがエイズを発症していない段階、エイズ患者:症状が出てきてエイズを発症した状態)

サイトマップ TOP >

身体障害者手帳申請の手続き

HIV感染者エイズ患者は、身体の状況により、免疫機能障害として1〜4級の身体障害者認定を受けることができます。



身体障害者手帳の交付を受けると、医療費の軽減をはじめとするさまざまな福祉制度を利用することができます。

申請に必要なもの

● 身体障害者診断書・意見書(免疫機能障害用)

● 身体障害者手帳交付申請書

● 写真(縦4cm×横3cm)

● 印鑑

各用紙は、福祉事務所、指定医療機関の窓口などに備えてあります。

市区町村によっては家族やソーシャルワーカーによる代理申請・受領や郵送による申請・受領も可能です。

詳しくは市区町村の福祉課または福祉事務所窓口へお問い合わせください。


申請の場所

市区町村の福祉課または福祉事務所

手帳の受領

申請したときと同じ場所へ、印鑑を持参のうえ、受け取りに行く



エイズの現状
感染の予防
検査・相談体制
自分や周囲の人が感染した場合
身体障害者手帳申請の手続き
高額療養費制度について
障害年金について
エイズについての相談窓口
リンクについて
リンク集






















































HIV・エイズの基礎知識 All copyrights 2009 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。