いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ

HIV・エイズの基礎知識 


エイズ・・・あなたは「関係ないと思っていませんか?現在アジア地域ではHIV感染者・エイズ患者とも急増してきており、日本でもHIV感染者・エイズ患者の継続的な増加傾向が続いています。2007年の1年間に新たに報告されたHIV感染者・エイズ患者は合計1500人と4年連続して1000人を超え、最多記録を更新するなど、予断を許さない状況となっています。HIV・エイズは決して他人事ではありません。まずはHIV・エイズについて知ることからはじめてください。(HIV感染者:HIVに感染しているがエイズを発症していない段階、エイズ患者:症状が出てきてエイズを発症した状態)

サイトマップ TOP >

障害年金について

公的年金に加入している人が病気・けがで障害の状態になったときは、障害の程度に応じた障害年金を受けることができます。



障害の程度が1級及び2級と認められた場合は、国民年金からは障害基礎年金が、厚生年金に加入している人については障害基礎年金に上乗せして障害厚生年金が支給されます。

また、障害の程度が1級及び2級に該当しない場合であっても、厚生年金に加入している人が一定に障害の状態に該当する場合は、3級の障害厚生年金または障害手当金が支給されます。

HIV感染症とその続発症による疾病および障害についても、障害認定を行い、障害の程度に応じた障害年金が支給されます。

(障害の判定は、身体障害者手帳と異なります)



障害認定の対象となるHIV感染症による障害の範囲について

@HIV感染症とその続発症による労働及び日常生活上の障害

A副作用等治療の結果として起こる労働及び日常生活上の障害

HIV感染症による障害の程度について(例示)

1級 回復困難なHIV感染症およびその合併症の結果、生活が室内に制限されるか日常生活に全面的な介助を要するもの。
2級 エイズの指標疾患や免疫不全に起因する疾患、または症状が発生するか、その既往が存在する結果、治療または再発防止療法が必要で、日常生活が著しく制限されるもの。
3級 エイズの指標疾患の有無にかかわらず、口腔カンジダ症などの免疫機能低下に関連した症状が持続するか繰り返す結果、治療または再発防止療法が必要で、労働が制限されるもの。



エイズの現状
感染の予防
検査・相談体制
自分や周囲の人が感染した場合
身体障害者手帳申請の手続き
高額療養費制度について
障害年金について
エイズについての相談窓口
リンクについて
リンク集






















































HIV・エイズの基礎知識 All copyrights 2009 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。