いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ

アトピー性皮膚炎のQ&A 


アトピー性皮膚炎は、いくつもの原因が複雑に関わって引き起こされる慢性的な病気です。刺激により痒みを伴う湿疹がよくなったり悪くなったりします。現代は有症率が高く、対処には正しい知識をが必要です。

サイトマップ TOP >

スキンケアについて

 アトピー性皮膚炎のスキンケアってなに?

 アトピー性皮膚炎を上手にコントロールするためには、炎症をきちんと抑えた後、悪化因子をできるだけ取り除くことと、スキンケアがとても重要です。

アトピー性皮膚炎の患者さんの多くが乾燥肌であり、乾燥肌では、皮膚バリア機能が弱くなっていて、抗原(異物)や微生物などが侵入しやすく、これは炎症を起こす原因になります。

スキンケアによって皮膚が健康な状態に保たれると、さまざまな悪化因子の影響を受けにくくなり、症状がまた出るのを予防することにもなります。

代表的な保湿薬の種類:白色ワセリン、へパリン類似物質製剤、尿素製剤

 具体的なスキンケアの方法は?

 スキンケアの基本は、@皮膚を清潔に保つこと、A乾燥を防ぐために保湿薬を塗ること、B日常生活で悪化因子を減らすこと、の3つです。

アトピー性皮膚炎のスキンケアのポイント

@皮膚の清潔
 毎日のの入浴・シャワー
 ・汗や汚れは速やかに落とす、しかし強くこすらない
 ・シャンプー、石鹸を使用するときは、洗浄力の強いものは避ける
 ・シャンプー、石鹸は残らないように十分すすぐ
 ・かゆみを生じるほどの高温のお湯は避ける
 ・入浴後にほてるを感じさせる沐浴剤、入浴剤は避ける
 ・入浴、シャワー後は必要に応じて適切な塗り薬を塗る

A皮膚の保湿
 保湿薬
 ・保湿薬は皮膚の乾燥防止に有用である
 ・入浴後には必要に応じて適切な塗り薬を塗る

Bその他
 ・室内を清潔にし、適温、適湿を保つ
 ・新しい肌着は使用前に水洗いする
 ・爪を短く切り、なるべく掻かないようにする
  爪はやすりでしっかり仕上げることが大事です。私も使用していますが、ガラス製やすりが非常にお勧めです。


 夏のスキンケアのポイントは?

 夏は汗をかきやすい季節であり、症状が悪化する患者さんもいます。

汗をかいて汚れが残りやすい耳の周り、首のしわ、肘の内側や膝の裏側などに炎症がおこりやすくなります。

夏場は汗を吸収しやすい衣類を着用し、汗をかいたらすぐにシャワーで汚れを洗い流すなどの工夫が必要です。

そして、シャワーの後は忘れずに炎症を抑える塗り薬とともに保湿剤を塗ってスキンケアを行いましょう。

 冬のスキンケアのポイントは?

 アトピー性皮膚炎の患者さんは、乾燥肌の傾向があるため、冬は強い乾燥症状になることがあります。

特に赤みやブツブツなどの症状が出やすいところが強い乾燥症状となり、かゆみがあるため引っ掻くと粉をふいたように白くカサカサします。

このような場合は、保湿薬によるスキンケアをこまめに行うことが大切です。



疾患について(4件)
診断・検査について(6件)
治療について(11件)
スキンケアについて(4件)
環境・日常生活について(14件)
心理的ストレスについて(2件)
リンク集
あなたもきっと良くなる!アトピー性皮膚炎を自分で改善する5つの法則
アトピー地獄からの脱出!
アトピー性皮膚炎は治る 稲葉式アトピー改善プログラム
妻が90日でアトピーを治した方法教えます!!アトピー性皮膚炎克服プログラム
99.7%のかさかさ、じゅくじゅく肌のアトピー肌がつるつるになった生活改善術(小児アトピー対応版)
小児アトピー改善法












































アトピー性皮膚炎のQ&A All copyrights 2009 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。