いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ

アトピー性皮膚炎のQ&A 


アトピー性皮膚炎は、いくつもの原因が複雑に関わって引き起こされる慢性的な病気です。刺激により痒みを伴う湿疹がよくなったり悪くなったりします。現代は有症率が高く、対処には正しい知識をが必要です。

サイトマップ TOP >

環境・日常生活について

 日常生活の中でアトピー性皮膚炎を悪化させるものは?

 アトピー性皮膚炎の悪化因子は、個々の患者さんや、各年齢層によっても若干の違いがみられます。

乳幼児では、食物が関与している場合があり、それ以降はダニ・ハウスダストなどの環境因子が疑われます。

また、すべての年齢層で、強い乾燥、汗、シャンプー石鹸(刺激になりにくいアトピー用石鹸が良いでしょう)、引っ掻くなどの刺激、心理的ストレスなどが悪化因子になることもあります。

悪化因子になりうるもの

引っ掻くこと、発汗、高すぎる室温、空気の乾燥、逆に高い湿度、埃、汚れ、衣類の刺激(毛羽立った線維、硬い線維)、熱すぎるお風呂、温泉(特に硫黄泉)、石鹸、洗剤、シャンプー、リンス、動物の毛、昆虫、植物、花粉、強い日光、心理的緊張、ストレス、不適切な塗り薬の使用、食物(卵、牛乳、大豆、小麦など)、細菌など

 掃除は大切なの?

 アトピー性皮膚炎では、ダニが悪化因子のひとつとして考えられますが、ダニは埃の中にいるため、室内に埃がたまらないようにこまめに掃除し、埃の発生を少なくする環境を整えることが大切です。

また、ダニの発生しやすい絨毯、布製の家具などはできるだけ避け、寝具類の取り扱いにも注意しましょう。

また、室内は風通しをよくして、適温、適湿を保つように気をつけましょう。

環境づくりのポイント

・適温、適湿を保ち、部屋の換気を心がける
・寝室や子供部屋は丁寧に掃除機をかける
・晴れた日はふとんを干す(雨の日は ふとん乾燥機
 寝具は丸洗いが一番ダニを落とします、できれば丸洗いできるものを使いましょう。

 ペットを飼ってもいい?

 犬や猫などのペットは、その毛がアレルギーを引き起こす物質(抗原)になることもあります。

また、それらのフケや垢などを餌としてダニが増殖する問題もあります。

家の中と外を行き来する動物は外から別の抗原(異物)を運んでくる可能性もあります。

これらによって、アトピー性皮膚炎が必ずしも悪くなるわけではありませんが、今から飼うことをすでに考えている場合は、止めておく方が無難です。

既に飼っている場合は、そばにいると痒くなるなどであれば、できるだけ家の外で飼うようにしましょう。

但し、ペットがストレスの癒しになっている場合もありますので、難しいところです。

 体が温まると痒みがひどくなるの?

 温度の変化も痒みを引き起こす原因のひとつです。

体が温まると皮膚の血流が増え、痒みが強く出ることがあります。

部屋を閉め切って暖房をきかせすぎたり、満員電車に乗って汗が出たりすると痒みが増すことがあるため、できるだけ涼しい環境づくりを心がけましょう。

入浴時や就寝時にも体が温まり、強い痒みが現れる場合があります。

お風呂はお湯の温度に注意し、あまり長時間つかって温まりすぎないように、また、入浴後はある程度時間をおいて、体が冷めてから寝るとよいでしょう。

 入浴時に注意することは?

 アトピー性皮膚炎の患者さんが数日以上入浴しないと、皮膚に付いた垢や汚れなどの刺激物や抗原(異物)が原因となって、症状が悪化することがあります。

そのため、できるだけ毎日入浴する、またはシャワーを浴びるようにしましょう。

また、スポーツなどで汗をかいた後も入浴やシャワーをお勧めします。

お風呂のお湯は熱すぎると、かゆみの原因になるので、心地よく感じる温度に設定しましょう。

体を洗うときはナイロンなどの硬い線維でできたタオルは避け、むやみに強く洗わないように注意し、石鹸を十分泡立ててから、柔らかいガーゼのような布でなでるように優しく洗うようにしましょう。(アトピー肌用のタオル をお勧めします)

洗った後は汚れや石鹸が残らないようにキレイに洗い流しましょう。

入浴後は、できるだけ早めに、炎症を抑える塗り薬や保湿剤を塗ってスキンケアをしておきましょう。

 石鹸はどんなものがいい?

 入浴時に使う石鹸は普通の石鹸で問題ありません。

ただし、ふつうの石鹸では刺激感があり、症状が悪化してしまうような場合は、低刺激性の石鹸を使うのもひとつの方法です。

ちなみに薬用石鹸は、殺菌を目的としているため刺激の強いものもあり、アトピー性皮膚炎の患者さんには適していません。

 シャンプーはどんなものがいい?

 シャンプーは皮脂の多い頭髪を洗うため、洗浄力が強く、皮膚を刺激することがあります。

低刺激のシャンプーを使うほうがよいでしょう。(アトピー用シャンプー

清涼感を出すためにメントールが入っているもの、香料の強いものなどは避けた方が無難です。

また、石鹸やシャンプーで洗った後は、それらが皮膚に残らないように十分に洗い流しましょう。


 衣類に関して注意することは?

 アトピー性皮膚炎では皮膚のバリア機能が弱くなっているため、さまざまな刺激に敏感になっています。

こわごわした素材や毛羽立った起毛の衣類は刺激となり、症状を悪化させていまう恐れがあるので、避けましょう。

乳幼児のお母さんは自分の衣類が子供の肌に触れることも考えて肌触りのよい衣類を着用するようにしましょう。

木綿素材が適していますが、木綿100%でも織り方で肌触りが違いますので、触って柔らかいものを選んでください。

また、買ったばかりの新しい衣類は、線維の処理のためにさまざまな薬品が使われていることがあるため、着る前に一度洗って、よくすすいでから身につけるようにしましょう。

 洗濯をするときに注意することは?

 洗剤として一般に販売されている合成洗剤には、界面活性剤が入っています。

また、蛍光剤漂白剤蛋白質分解酵素などが加えられている場合があります。

これらの物質は皮膚に悪い影響を与えることがあるため、洗剤のすすぎ残しがないように、すすぎをしっかり行うことが大切です。(アトピー用の洗剤を使うのがベストです)

柔軟仕上げ剤や糊は、それを使うことにより、着心地がよくなるのであれば、必ずしも悪いとはいえませんが、皮膚によいか悪いかをしっかり判断し、注意して使うようにしましょう。

界面活性剤:
水と油を混ぜ合わせやすくする物質、洗剤、シャンプー、歯磨き粉などいろいろなものに含まれる。

 乳幼児の食事制限は必要?

 乳幼児期には、食物で痒みやじんましんが出たりする患者さんが時々います。

このような食物アレルギーの多くは、乳児期において消化管のアレルギーを防ぐ機能が未熟なために発症しますが、成長するに従って軽くなったり、治ったりしてしまうことがほとんどです。

また、アトピー性皮膚炎を悪化させる原因になることもありますが、じんましんとして出てくることが多いようです。

診断においては、疑わしい食物を見つけ、その食物が本当にアトピー性皮膚炎と関わっているかを慎重に見極める必要がります。

また、例え食事制限の必要があるとしても、乳幼児の場合、卵、牛乳、小麦、大豆などの摂取を不用意に制限すると成長を妨げる可能性があります。

食事制限は医師がその必要性を慎重に判断し、医師の指導に基づいて注意深く行う必要があります。

 林間学校や旅行にいってもいい?

 林間学校では汗をかいたり虫に刺されたりなど、症状を悪化させる要素があるかもしれません。

しかし、普段の生活環境から離れることで転地療法の効果を生み、アトピー性皮膚炎によい影響を及ぼす可能性もあります。

症状が極端に悪くなければ、参加するのは良いことです。

旅行に出かけるのも同じです。

但し、普段の治療を中断して悪化することのないように、林間学校や旅行中も薬を持参するようにしましょう。

また、海外旅行では行き先によって、高温多湿だったり乾燥していたりしますので、現地の気候に合わせたスキンケアが必要です。

飛行機やホテルの中は乾燥しやすいので、保湿剤をこまめに塗りましょう。

 海やプールに入ってもいい?

 アトピー性皮膚炎の症状がひどい時や、全身に広がっているときは避けた方が無難です。

そのような時は、軽い刺激に対しても皮膚がとても敏感になっていて、症状が悪化してしまうからです。

プールでは消毒薬が、海水浴では塩水が皮膚を刺激します。

一方、症状が落ち着いているときは、プールも海水浴もかまいません。

水泳は子供なら遊び心を満足させ、立派な骨格をつくり、精神的にも肉体的にもよいスポーツです。

海水浴は転地療法としての効果も考えられます。

ただし、泳いだ後は念入りにシャワーを浴び、きちんと洗い流してください。

目の周りもきちんとあらいましょう。

 スポーツをしてもいい?

 健康を保つためにスポーツをすることはとても良いことです。

適度な運動は体を鍛えたり、ストレスを発散させることができるという意味で、アトピー性皮膚炎の患者さんによい効果があります。

しかし、激しい運動で汗をかき、そのままにしておくと、症状が悪化することもあるため、すぐにシャワーを浴びて汗や汚れを洗い流すことが必要です。

汗や汚れがアトピー性皮膚炎の悪化因子になることは忘れずに、その後の対応に注意していれば、スポーツをして汗をかくことは素晴らしいことです。

 冷水や乾布摩擦は皮膚にいい?

 民間療法のひとつに冷水や乾布摩擦などで皮膚を鍛えるというものがあります。

しかし、アトピー性皮膚炎は皮膚に炎症がある病気で、皮膚が弱くなっています。

冷水も乾布摩擦も皮膚に過剰な刺激を与えるため、よくありません。

症状のあるところをこすれば確実に悪化し、症状のないところもこすりすぎることで症状が出てきてしまう可能性があります。



疾患について(4件)
診断・検査について(6件)
治療について(11件)
スキンケアについて(4件)
環境・日常生活について(14件)
心理的ストレスについて(2件)
リンク集
あなたもきっと良くなる!アトピー性皮膚炎を自分で改善する5つの法則
アトピー地獄からの脱出!
アトピー性皮膚炎は治る 稲葉式アトピー改善プログラム
妻が90日でアトピーを治した方法教えます!!アトピー性皮膚炎克服プログラム
99.7%のかさかさ、じゅくじゅく肌のアトピー肌がつるつるになった生活改善術(小児アトピー対応版)
小児アトピー改善法






















































































































































































































































アトピー性皮膚炎のQ&A All copyrights 2009 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。