美肌の極み

基礎化粧品であれ、ベースメークの化粧品であれ、じつは化粧品の多くは、肌をボロボロにしているのです。

ニキビ対策の洗顔方法

ニキビ対策の洗顔方法

ニキビ対策の洗顔方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

皮脂がたくさんつくられると、毛穴への出口が圧迫されて詰まりやすくなり、出口を失った皮脂は皮脂腺や毛穴に溜まって酸化し、炎症を起こします。

これがニキビの正体です。

そこで、毛穴を塞ぐ皮脂や汚れをいち早く取り除こうと、1日に何度も石鹸で洗顔している人がいます、思春期にニキビができやすいので、中学生や高校生のお子さんが多いかと思います。

しかし、石鹸で皮脂を洗い流しても何の意味もなく、バリア機能が破壊されて、肌は極度に乾燥してしまいます。

こうなると、肌の角質がゴワゴワに厚くなり、かえって毛穴を塞ぐことになります。

さらには、皮膚は皮脂が足りないと判断して、どんどん皮脂をつくるようになり、その結果、毛穴はますます詰まりやすくなり、ニキビができやすくなります。

また、洗顔をよほど優しくしないと毛穴の突起が傷つきやすいので、これもまた毛穴が詰まる原因になります。

ニキビに悩んでいる人は、石鹸の使用をやめるか、少ない量で使用するようにして、なるべく水だけで洗うことです。

はじめのうちは、肌がベトベトして気持ちが悪いでしょうが、2~3週間もすると皮脂の量が少しずつ減っていきます。

そして、2~3ヶ月後には、皮脂があまり気にならなくなって、毛穴が詰まることも少なくなり、ニキビも減ってきます。

なお、ニキビには乾燥が原因でできるものもあり、この場合も水洗顔に切り替えることで、肌の乾燥がだんだん収まってきて、ニキビもできにくくなります。

ただし、ニキビの原因はさまざまなので、急にスキンケアを変えると、症状が悪化することもあります。

まずは、皮膚科で医師に相談してみましょう。

スクラブ洗顔について

確かにスクラブ剤(ゴマージュなど)を使うと、表面の角層が落ちるため、そのときは肌が柔らかく、つるつるになります。

けれど、皮膚の一番外側にある細胞は、ベストな状態まで熟成した自家保湿因子を含んだ角質細胞です。

それをスクラブ剤で無理に擦り落とせば、その下からあらわれるのは、まだ未熟な状態の角質細胞です。

そのような角質細胞は一時的には、柔らかく、湿っているため、良好な肌のように見えますが、十分な保湿機能がまだ備わっていないので、翌日からひどい乾燥肌になってしまいます。

そのうえ、たくさんの角質細胞が一気に削り落とされると、基底細胞では同じ数の新しい細胞を再生しなければならず、分裂準備の整わないうちに、未熟な表皮細胞が数多く生み出されてしまう可能性があります。

これでは、健康な肌を保てるはずがありません。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です