美肌の極み

基礎化粧品であれ、ベースメークの化粧品であれ、じつは化粧品の多くは、肌をボロボロにしているのです。

ビタミンCのイオン導入について

ビタミンCのイオン導入について

ビタミンCのイオン導入について

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビタミンCにはさまざまな美肌効果があります。

強い抗酸化作用があるので、過酸化脂質ができるのを抑制し、細胞膜を傷つける活性酸素も除去します。

また、皮脂の分泌を抑制し、毛穴を引き締め、炎症も抑えますし、真皮のコラーゲンの生成を促して、肌に弾力を与えます。

さらに、紫外線やストレスで傷んだDNAを修復する力も備えており、また、メラニンを合成しにくくするので、美白効果にも優れています。

加えて、肌のキメを整え、肌に透明感をもたらす効果まであります。

なお、水に溶かしたビタミンCをイオン化して、プラスイオンとマイナスイオンに分けます。

そこに電流を流して、イオン化ビタミンCを肌の奥深くまで浸透させるのが、イオン導入です。

その浸透力は、肌にただビタミンCをぬった場合の、数十倍にもなります。

しかし、毎日のようにせっせとイオン導入を続けていた人では、肌が乾燥して悪化してしまう傾向があります。

イオン化したビタミンCを、電流を流して強制的に肌に流し込めば、かわりに肌の中にある別の成分のイオンが皮膚から出て行ってしまうからです。

つまり、ビタミンCを必要以上に大量に入れ込むことで、別の大切な成分を奪い取っているのです。

したがって、イオン導入は、やり過ぎずに、1ヶ月に1~2回程度にとどめておきましょう。

何事もほどほどが大事です。

なお、イオン導入用として販売されているビタミンCには、たいてい防腐剤(パラペンなど)や酸化防止剤など、肌には良くない成分が含まれています。

もし、続けて行うのであれば、薬局でビタミンCかビタミンC誘導体の粉末を買ってきて、自分で5~10mgを1Lの蒸留水か軟水のミネラルウォーターに溶かして使うと良いでしょう。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です