美肌の極み

基礎化粧品であれ、ベースメークの化粧品であれ、じつは化粧品の多くは、肌をボロボロにしているのです。

ベースメイク~ファンデーションの選び方~

ベースメイク~ファンデーションの選び方~

ベースメイク~ファンデーションの選び方~

このエントリーをはてなブックマークに追加

素肌に自信がもてるようになるまで、どうしてもファンデーションをつけたいというならば、なるべくパウダリーファンデーションを使うようにしましょう。

油分や界面活性剤がまったく含まれていないか、大幅にカットされているものを選べば、肌へのダメージはBBクリーム、クリーム・リキッドのタイプのファンデーションよりもずいぶん小さくてすみます。

さらに肌への負担が最も小さいものを使いたいならば、「フェイスパウダー」や「ルースパウダー」などと呼ばれているフィニッシュパウダーを使うのをお勧めします。

これらのパウダーは肌を傷める油分も界面活性剤もいっさい含まれていません。

これをファンデーション代わりに少量使えば、肌を滑らかに見せてくれるでしょう。

さらに、コンシーラーや化粧下地、コントロールカラーもファンデーションと同じように肌にダメージを与えるので、やめるのが最善の策です。

ベースメイク~下地はワセリン~

肌につけてよい唯一の油がワセリンで、これはベースメイクの場面でもいろいろ活用できます。

パウダリーファンデーションやフィニッシュパウダー(フェイスパウダー、ルースパウダー)の粉は多少とも肌を乾燥させます。

粉による肌の乾燥が気になるなら、下地代わりにごく少量のワセリンをつけると良いでしょう。

また、キメがないほど肌が傷んでいる人では、パウダリーファンデーションやフィニッシュパウダーは肌にうまくのりませんし、すぐにメイクが崩れてしまいます。

そのような人でも、やはりごく少量のワセリンを下地代わりにつけると、肌に粉が馴染みますし、メイク崩れもかなり防げます。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です