美肌の極み

基礎化粧品であれ、ベースメークの化粧品であれ、じつは化粧品の多くは、肌をボロボロにしているのです。

ポイントメイク~まつげエクステは要注意~

ポイントメイク~まつげエクステは要注意~

ポイントメイク~まつげエクステは要注意~

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近はまつげエクステが、若い女性を筆頭に流行しています。

まつげエクステとは、肌ではなく、元来ある自まつげに人工のまつげを重ねてつけていく施術です。

肌には直接触れてはいないので、安心かと思うと、じつはそうでもないのです。

マイクロスコープでまぶたの皮膚を見てみると、炎症で真っ赤になっているのです。

このまま炎症が続くと、半年~1年後にはほぼ間違いなくまぶたがくすみ、黒ずんできます。

しかも、まつげのまわりに炎症が続くと、白目まで少し赤くなります。

白目が赤い状態が続くと、白目にコラーゲンが増え、毛細血管も増えてくるため、白目が黄色く濁ってしまい、おまけに目まで乾きやすくなります。

したがって、エクステも特別な行事などがあるときに、たまに利用する程度に留めておくべきでしょう。

ただし、まぶたにかゆみ、赤み、粉ふき、かぶれ、黒ずみのいずれかひとつでも症状が出てきたら、きっぱりとやめましょう。

ポイントメイク~口紅・グロスについて~

唇のメイク用品として、リップペンシルや口紅、リップグロスなどがありますが、どれも油や界面活性剤を含んでいるので、種類を多くつければつけるほど、唇の皮膚のバリアをひどく壊すことになります。

バリアが壊れてそれらが皮膚の中に入り込めば、慢性の炎症を起こしかねません。

炎症を起こせば、メラニンが溜まって、唇の色がくすんできます。

被害を最小限に抑えるためには、つけるのは口紅だけ、リップグロスだけというように、1種類に留めておきましょう。

また、濃くつければそれだけ多くの界面活性剤などが入り込むので、薄めにつけるほうが無難です。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です