美肌の極み

基礎化粧品であれ、ベースメークの化粧品であれ、じつは化粧品の多くは、肌をボロボロにしているのです。

ローションパックの効果

ローションパックの効果

ローションパックの効果

このエントリーをはてなブックマークに追加

化粧水のほぼ9割は水で、その水を肌につけることで、蒸発するときには、最上部の角質細胞が歪んだり、めくれ上がったりして細胞間に亀裂ができ、そこから中の水分が蒸発していきます。

つまり、化粧水をつけることで、肌は余計に乾燥してしまうのです。

ちなみに、ローションパックとは、化粧水を含ませたコットンを肌にペタッと貼り付けておくスキンケア法です。

化粧水をつけるだけでも肌には良くないのに、湿らせたコットンを貼り付けたまま長時間肌を水に浸すわけです。

パック直後は角質が水分を吸収してしっとりしますが、しだいに乾燥して、角層へのダメージはさらに大きくなり、皮膚はいっそう乾燥します。

パックをした後に肌がみずみずしく感じられるのは、肌の水分量ではなく、肌にまだ残ったままの化粧水の水分量にすぎません。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です