美肌の極み

基礎化粧品であれ、ベースメークの化粧品であれ、じつは化粧品の多くは、肌をボロボロにしているのです。

化粧品による油と界面活性剤の害~アイクリームについて~

化粧品による油と界面活性剤の害~アイクリームについて~

化粧品による油と界面活性剤の害~アイクリームについて~

このエントリーをはてなブックマークに追加

目もとの小ジワやクマのケア用の化粧品に、アイクリームがあります。

これらもまたクリームと同様、界面活性剤や油が含まれています。

自家保湿因子が溶かされることでバリア機能が低下するため、肌は乾燥してきて、かえって小ジワが増えてしまいます。

さらに、界面活性剤や油分、美容成分(ヒアルロン酸など)は、肌にとっては異物なので、皮膚に侵入して炎症を引き起こし、顔につけるときには皮膚をこすります。

いずれも、目もとの皮膚のメラニンを濃くすることになり、クマが悪化するのです。

それだけではなく、アイクリームをつければつけるほど、そのときはしっとりとして、小ジワも目立たなくしますが、一時的に誤魔化しているだけで、肌は乾燥し、しまいには基底層で新しい細胞がつくられにくくなってしまいます。

そのため、皮膚は薄くなり、その下の筋肉や血液の色(紫やグレー、青、黒など)が透けて見えるのです。

化粧品による油と界面活性剤の害~紫外線について~

最近では夏ともなると、多くの女性たちは外出するときに日焼け止めや日傘、帽子、紫外線カット加工された布のカバーで腕から手の甲まで隠して、とにかく徹底的に紫外線を排除しています。

では、はたして、紫外線をそこまで目の敵にしなければならないのでしょうか?

いいえ、そんなことはないのです。紫外線がシミをはじめ肌の老化の原因になることは確かです。

けれど、その一方で、ある程度は体に必要でもあります。

何よりも重要なのは、紫外線がビタミンDをつくっていることです。

ビタミンDはカルシウムとともに骨をつくるのになくてはならない栄養素です。

日焼け止めを塗って紫外線にほとんどあたらない生活をしていては、骨はもろくなるばかりです。

それでなくても、女性は閉経後、エストロゲンという女性ホルモンが急激に減少して、カルシウムが減少してしまうため、男性に比べるとずっと骨粗鬆症にかかりやすくなります。

そのため、骨粗鬆症を予防するためにも、女性は特にある程度の紫外線を浴びる必要があるのです。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です