美肌の極み

基礎化粧品であれ、ベースメークの化粧品であれ、じつは化粧品の多くは、肌をボロボロにしているのです。

化粧品による油と界面活性剤の害~日焼け止めについて~

化粧品による油と界面活性剤の害~日焼け止めについて~

化粧品による油と界面活性剤の害~日焼け止めについて~

このエントリーをはてなブックマークに追加

紫外線といえば、すぐ思いつくのが日焼け止めです。

夏に近づくにつれて、ドラッグストアや化粧品売り場には多数の日焼け止めや日焼け止めの成分が入った化粧下地がところせましと置かれ販売されます。

日焼け止めには、確かに有害な紫外線をカットする効果があります。

ところが、弊害もまたあるのです。

ほとんどの日焼け止めは、界面活性剤が入ったクリーム状なので、バリア機能を破壊し、肌を乾燥させ、さらに炎症を起こさせる点では、他のクリームと同じです。

また、紫外線吸収剤の入っている日焼け止めでは、紫外線にあたると、吸収剤が刺激のある有害な成分に変化して、炎症を起こしたりするのです。

また、日焼け止めを肌につけるときにはこすりますし、これを落とすときには洗顔石鹸クレンジングでまたこすります。

このように、いつもこすっていると炎症とメラニン増加によって、シミをつくり、肌をくすませもします。

これではかえって肌へのダメージは大きくなるばかりです。

もし、短時間でも紫外線を浴びるのが不安だというならば、帽子や日傘でガードすれば良いのです。

また、最近では、紫外線と皮膚がんとの関係も取沙汰されています。

でも、私たち黄色人種の肌は、白人と違って皮膚がんは多くありません。

白人のデータを鵜呑みにして、日焼け止めを必要以上に塗ることは、肌を乾燥させ、慢性的なダメージを与えてしまうことに繋がっていくのです。

 化粧品による油と界面活性剤の害~ファンデーションについて~

肌に艶をもたせ、シミやくすみや色ムラまでカバーするファンデーション。

ところが、肌を綺麗に見せるためのファンデーションも種類によっては、肌を酷く傷めることになります。

ファンデーションは形態的には大きく3つのタイプに分けることができます。

クリーム・リキッド・BBクリーム、練り・固形、そしてパウダリーです。

練り・固形タイプと一部のパウダリータイプは固めてコンパクトに入れられています。

触ると、前者はしっとりしているのに対して、後者はさらっとした感触です。

クリーム・リキッド・BBクリームのタイプはいずれも界面活性剤を使って、油分と水分を混ぜてつくっています。

練り・固形のタイプは、油脂などを使用しています。

そして、それらに比べて油分や界面活性剤を大幅にカットしているか、もしくは含んでいないのがパウダリータイプです。

そもそも、クリームタイプもリキッドタイプも、肌が壊れて、キメがまったくなくなってしまった人のためのものです。

キメがなくなると、練り・固形やパウダリーのタイプではたちまち化粧崩れしてしまいます。

界面活性剤は2種類の自家保湿因子(水溶性の天然保湿因子と脂溶性の細胞間脂質)を溶かしてバリア機能を破壊し、肌を乾燥させます。

さらに、クリームやリキッドタイプのファンデーションに含まれている油分そのものが細胞間脂質に貼りついてしまいます。

また、油や界面活性剤は毛穴から皮膚内に入り込みます。

これらは肌にとって異物なので、肌の拒否反応である炎症を起こします。

しかも、ファンデーションをつけるときには、必ずスポンジで肌をこすってしまいます。

これら炎症とこする刺激は、メラニンを増やして、シミやくすみの原因となるのです。

クリームやリキッドのファンデーションを使い続けることで、シミが増え、くすみが酷くなれば、それらをカバーするために、ますますそれらを手放せなくなってしまいます。

ちなみに、パウダリータイプの肌へのダメージは、クリームやリキッドのタイプよりもずっと小さいので、もしファンデーションをつけるのならば、なるべくパウダリータイプを、それも最小限つけることが適作です。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です