美肌の極み

基礎化粧品であれ、ベースメークの化粧品であれ、じつは化粧品の多くは、肌をボロボロにしているのです。

化粧品をやめる=炎症も消える

化粧品をやめる=炎症も消える

化粧品をやめる=炎症も消える

このエントリーをはてなブックマークに追加

敏感肌の人はよく炎症を起こします。

毛穴が真っ赤になったり、茶色になったり、クレーターのように大きな穴があいていたりします。

このような人たちに、1ヶ月間、クレンジング化粧水美容液乳液クリームそしてファンデーションをやめ、洗顔もなるべく石鹸は使わず、水だけにしてもらうようにしました。

そして1ヵ月後、毛穴の炎症は劇的に良くなっていました。

 肌の再生に年齢は関係なし

化粧品の使用をやめると、肌が綺麗になります。

具体的には、クレンジングや化粧水、美容液、乳液、クリームといった基礎化粧品とファンデーションや下地などのベースメイクの使用をすべてやめ、洗顔もできれば石鹸は使わずに水だけで洗う。

これが美肌の極意です。

とはいっても、本当にこのようにして肌トラブルが収まったり、肌が綺麗になるのかは疑問ですよね。

女性たちは綺麗になるためにスキンケアや化粧をしているのですから。

でも、ちょっと考えてみてください。

肌トラブルや皮膚病になって皮膚科を受診したときに、医者がどのようなスキンケアの仕方を指導するのかを。

多分、症状が重症なほど、化粧品類の使用の中止を指導されるはずです。

この方法は、特別なスキンケアではなく、昔から皮膚の治療や皮膚の再生力を最大にするためのケアとして、医学的には常識化している基本的な方法なのです。

したがって、乾燥肌、敏感肌はもちろんのこと、アトピーをもっている人、ニキビで悩んでいる人、アレルギーのある人にも、是非とも試して欲しいケア方法です。

子どもから高齢の方まで、性別も関係なく、肌質も問わなく何歳からでも始められます。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です