美肌の極み

基礎化粧品であれ、ベースメークの化粧品であれ、じつは化粧品の多くは、肌をボロボロにしているのです。

基礎化粧品=麻薬

基礎化粧品=麻薬

このエントリーをはてなブックマークに追加

確かに美容液クリームなどの基礎化粧品を塗ると、肌がしっとりした感触になるので、かなり乾燥した肌でも、当然調子が良いと錯覚させられます。

基礎化粧品には、肌を健康に見せる強力な薬のような効果があるのです。

そのため、基礎化粧品をつけるのをやめれば、洗顔後すぐに肌がつっぱり、粉をふき、ひび割れしそうになってしまいます。

そこで、慌てて美容液やクリームをつける。

すると、瞬時に潤いのある肌に早変りです。

要するに、基礎化粧品をつけずにはいられない肌になっているのです。

極度に乾燥した肌を、基礎化粧品という麻薬で誤魔化さざるをえないので、まさに「基礎化粧品依存症」といえるでしょう。

このような女性の肌は肉眼では一見健康そうですが、マイクロスコープ(美容カウンターでよく使われているもの)でほおの皮膚を拡大して調べると、肌の表面のキメは浅くなり、消え入りそうな薄い線になっていたり、消失したりしています。

さらに、毛穴が赤く炎症を起こしていたり、炎症後の色素沈着を起こして茶色くなっています。

顔全体が赤くなれば、今つけている基礎化粧品が肌に合わなくて皮膚炎を起こしていることがわかるのですが、軽度の皮膚炎では、毛穴をマイクロスコープで観察しなければわかりません。

しかし、このような軽度の炎症や乾燥でも、毎日基礎化粧品を使い続けていると、慢性化して、しだいに重症の乾燥肌、敏感肌に発展し、しまいには赤ら顔からくすみ、シミ、小ジワ、大ジワへとどんどん肌が老化していき、ますます化粧品に頼らずにはいられなくなるというわけです。

やはり、1日も早く化粧品を断つべきです。

 どうしても、化粧をやめられない人たち

大半の女性は美肌のために何らかの基礎化粧品を毎日使い続けています。

しかし、一見して基礎化粧品で害を受けることはないように思えますが、実際にマイクロスコープで見てみると、化粧品成分の入り込んだ毛穴が炎症だらけになっている場合があります。

肌トラブル(炎症)を抱えながら、それに気づかないまま、化粧品を使い続けていることは問題ありといえるでしょう。

そこで、肌トラブルを抱えている人に、2~3週間化粧品をやめてもらい、その後マイクロスコープで症状を確認してみると、ほとんどの場合、炎症などは改善されています。

そこで初めて、女性たちは、毎日使い続けてきた化粧品が、自分の肌を壊していたことを知ります。

しかし、実際はそれでも基礎化粧品をやめようと考える人は少なく、多くの人は、他の害のなさそうな化粧品(オーガニック化粧品など)を使い始めます。

けれども、結果は同じく、また毛穴は赤く炎症を起こします。やはり、何かを顔につけないと不安でしようがないのですね。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です