美肌の極み

基礎化粧品であれ、ベースメークの化粧品であれ、じつは化粧品の多くは、肌をボロボロにしているのです。

天然成分入りの化粧品

天然成分入りの化粧品

天然成分入りの化粧品

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近では、無添加、・オーガニックなど天然成分の入った基礎化粧品が化粧品メーカーから数多く発売されています。

特にニキビやアレルギーに悩んでいる人たちには人気がありますね。

けれども、天然成分や自然成分が肌に害が少なくて、安全という根拠はまったくありません。

化粧品の成分には天然の材料から抽出した成分と化学的に合成された人工的な成分である化学物質とがあります。

毒性や安全性については、天然か、人工的かはまったく関係がありません。

例えば、化学的に抽出されたワセリンよりも、自然界にあるウルシの樹液のほうが皮膚や生体に優しいとはいえません。

ワセリンでかぶれることはまずありませんが、自然の産物であってもウルシの樹液は皮膚に付くと、猛烈なかぶれを引き起こします。

そして、自然界にはふぐ毒やボツリヌス毒、蛇毒などたくさんの毒素が存在しています。

また、ワセリンには化学的に抽出されたものといいましたが、見方を変えれば、石油という天然成分を加工してつくったものと説明することもできます。

天然成分だから安全ということは決してないのです。

美白化粧品について

美白化粧品は名の通り、使い続けると肌が白くなると思い込んでいる人も多いと思いますが、じつは反対にくすみやシミが悪化してしまうのです。

なぜなら、美白成分をシミの部分まで届けるには、皮膚のバリアを壊さなければならず、そのために使われるのが油であり、クリームであり、界面活性剤なのです。

しかし、いずれも皮膚にとっては異物なので、美白成分と一緒に壊れたバリアから肌に入れば、炎症を起こすこともあります。

炎症で皮膚が赤くなる状態が数週間続けば、その部分にはメラニンが増えます。

また、シミができている部分はわずかな刺激でもメラニンが増えかねません。

メラニンはくすみやシミの根源です。

したがって、美白化粧品を使い続けると、くすみやシミはかえって悪化することになるのです。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です