美肌の極み

基礎化粧品であれ、ベースメークの化粧品であれ、じつは化粧品の多くは、肌をボロボロにしているのです。

水を飲めば肌も潤う、ストレスと肌の関係

水を飲めば肌も潤う、ストレスと肌の関係

水を飲めば、肌も潤う

このエントリーをはてなブックマークに追加

外からでは肌に水を補うことはできません。

肌に水を補う手段は、水を飲むしかありません。

水を飲むことで、体中の細胞に水が供給されて、肌が潤います。

飲む量が足りないと、体中の細胞が水不足になります。

最初に舌が乾き、目が乾き、肌が乾き、最後には内臓が乾くのです。

肌を含めた全身の保湿と健康のためにも、きちんと水を飲みましょう。

1日の摂取量の目安は、体重1kgあたり25~50ccです。

体重が55kgの人なら、1,375~2,75Lになります。

飲みすぎた分は尿になって出て行きますが、そのとき、ナトリウム、クロール、カリウムといった、電解質といわれる成分など、体に必要なさまざまな成分が尿と一緒に排泄されてしまうので、飲み過ぎには気をつけてください。

いっぺんに大量に水を飲めば、その流れでまたいっぺんに出て行ってしまい、無駄が多くなるので、一日を通してまんべんなく必要量を飲むようにしましょう。

さらに、毎日の水の摂取量の半分は、野菜やご飯に含まれている水分や、お茶やコーヒー、ジュースなどでもかまいませんが、あとの半分は「真水」で取るようにしましょう。

真水以外の水だと、体はそれを濾過してから使わなければならず、それだけ体への負担も大きくなります。

ストレスと肌の関係

ストレスが長期にわたって続くと、自律神経の交換神経がずっと刺激されて緊張状態となり、白血球とリンパ球のバランスが崩れて、白血球が多くなります。

すると、少しのことで過剰に反応して炎症を起こし、ニキビができやすくなります。

さらに、炎症を起こした部分には、メラニンをつくる細胞であるメラノサイトが暴走し、紫外線を浴びなくても、メラニンをどんどんつくり続けるようになります。

こうして、皮膚はくすみ、これが続くとシミに繋がっていくのです。

また、ストレスがひどくなると、ステロイドが体内に増え、さらに表皮細胞の新陳代謝も悪化するので、症状がさらに悪くなってしまいます。

美肌と健康のためにも、ストレス神経である交感神経の緊張を和らげ、リラックス神経である副交感神経が働くようにすることが大切です。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です