美肌の極み

基礎化粧品であれ、ベースメークの化粧品であれ、じつは化粧品の多くは、肌をボロボロにしているのです。

美肌を取り戻すスキンケア法
このエントリーをはてなブックマークに追加

美肌を取り戻すスキンケア法

肌が再生する方法

肌が再生する方法

皮膚には、体内の水分が蒸発するのを防ぎ、同時に、外部からの異物や化学物質が入り込むのも防ぐバリア機能が備わっています。

スキンケアで最も大切なことは、この皮膚のバリア機能を良好な状態に保つことです。

そうすれば、肌は特別なケアをしなくても自然に健康的な美肌になります。

そのために、やらなくてはならないことは水のみでの洗顔につきます。

反対にやってはいけないことは、クレンジング化粧水美容液乳液クリームなどの基礎化粧品コンシーラー、コントロールカラー、ファンデーションなどのベースメイク用品を使わないことです。

ただし、口紅やアイシャドウといったポイントメイクは許容範囲です。 (さらに…)

水洗顔~過酸化脂質も水だけで落ちる

水洗顔~過酸化脂質も水だけで落ちる

ファンデーションをつけていない人やフェイスパウダー、ルースパウダーですませている人、そしてパウダリータイプのファンデーションでも油分や界面活性剤を一切含んでいないものを使用している人は、ポイントメイクを落とした後、水で洗顔するだけでかまいません。

夜の洗顔では、ほこりやファンデーションなどの汚れを落としますが、特に重要なのは、皮脂が酸化してできた過酸化脂質を洗い流すことです。

皮脂腺から染み出した皮脂は、数時間で酸化して過酸化脂質に変化し、これが皮膚のPNAや細胞膜を傷つけるので、必ず洗い落とさなければなりません。

過酸化脂質は脂質といっても、水溶性です。

よって、水に溶けるので、水だけできれいに落とせます。

だから、石鹸は必要ないのです。

人間の体内温度は36~37度で、体表はそれよりも1~2度低い34~35度。

つまり、皮脂は36~37度の体内から34~35度の体表へと溶けて出てきたので、34~35度あれば、皮脂もほとんど落ちるわけです。

さらに、においのもととなる硫化物や過酸化脂質など、皮膚の汚れはほとんどが水に溶けて落ちるようにできています。

そこで、夜の洗顔では、皮膚表面の温度である35度以下のなるべく水に近い「ぬるま水」で洗います。

けれど、これはあくまでも目安にすぎません。

季節、特に冬などは冷たすぎるかもしれませんね。

よって、不快に感じない程度の、心地よい温度の水で顔全体を洗いましょう。 (さらに…)

純石鹸洗顔~ファンデーションは石鹸で落ちる~

純石鹸洗顔~ファンデーションは石鹸で落ちる~

一部のパウダリータイプ(無添加のものなど)を除き、ファンデーションは油を含んでいるので、水だけでは落ちません。

でも、だからといって、クレンジングは決して使わないでください。

クレンジングを使わなくても、石鹸だけでかなりきれいに落ちます。

ファンデーションが手につかなくなるまで徹底的に落とそうとする人がいますが、完全に落ちていなくてもかまわないし、かえって完全に落とそうとしてはいけないのです。

このように洗っていては、皮膚の自家保湿因子までこすり落とすことになり、肌はそれに耐えられません。

クレンジングを使わずに石鹸洗顔だけでは、肌に少量ファンデーションが残るかもしれませんが、気にしなくてよいです。

残ったファンデーションは3~4日もあれば、垢と一緒に剥がれ落ちます。

泡でさっと洗って、おおかた落ちたらOKとしましょう。 (さらに…)

純石鹸洗顔~すすぎは10回~

純石鹸洗顔~すすぎは10回~

石鹸の成分を肌に残さないように、すすぎは十分に行いますが、10回もすすげば十分です。

よく、両手のひらに水をすくっておいて、顔全体に何度もパシャパシャとかける人がいますが、この方法ではすすぎの効率は決してよくありません。

さらに、ミクロ的ダメージも少なくありません。

角質細胞はわずか100分の1mm程の大きさです。

パシャパシャとかければ、水が勢いよく当たりすぎたり、手が強く当たったりもします。

その結果、肌を細胞レベルで傷めてしまいます。

また、水が均一にかからずに「まだら洗い」になるため、石鹸の成分が肌に残りやすくなります。 (さらに…)

基本の拭き方~タオルは柔らかめ~

基本の拭き方~タオルは柔らかめ~

水は肌の大敵です。

肌に水分が残っていると、その水が蒸発するときに角層の最上部の角質細胞が浮いたり、めくれたりします。

すると、肌は乾燥してきます。そこで、洗顔後はすぐにタオルで水をよく拭き取るようにしましょう。

肌を擦るのは絶対にダメです。タオルに水分を吸わせるのがポイントで、タオルを肌に当てて、そのままそっと押しつけます。

そのとき、タオルには水分をきちんと吸い込む時間が必要です。 (さらに…)

メイク落とし~アイメイク編~

メイク落とし~アイメイク編~

ポイントメイクをしてる人は、真っ先にポイントメイクを落としましょう。

アイシャドウやアイライン、アイブロウは「転がし取り」です。

綿棒を水道水で湿らせて、それをまぶたや眉の上で1~2回転がします。

もしも、水だけで落ちない場合は、綿棒に純石鹸を撫でるようにほんの少しつけます。

そして同様に転がしていきます。最近はぬるま湯で簡単に落とせるマスカラも多く売られています。

マスカラはこのタイプを使うのが一番ですが、それ以外のマスカラでは水で湿らせた綿棒2本でまつげを挟んで落とします。

もし、この方法で落ちにくいようならば、まつげの上下いずれかの綿棒をもう片方の綿棒に押し付けながら回転させましょう。

アイメイクにしろ、アイブロウにしろ、完全に落とそうとはしないこと。

多少肌に残っていても、皮膚の新陳代謝によって、3~4日で垢と一緒に自然に剥がれ落ちていきます。

徹底的に落とそうとすれば、それだけ肌を擦ることになり、炎症や黒ずみの原因となります。 (さらに…)

基本のつけ方~粉ふきにはワセリンが最適~

基本のつけ方~粉ふきにはワセリンが最適~

ワセリンは、石油を蒸留した残渣から得られた油をさらに生成したものです。

植物油でも動物の脂でも空気に触れれば、1日で酸化し始めますが、ワセリンは酸化するまでに数年かかります。

すごい違いですね。

また、ワセリンは他のオイル類やクリームと違って、皮膚に染み込んでいきにくいのも特徴です。

よって、皮膚を刺激することなく、肌にとってとても優しい素材といえます。

肌がひどく乾燥しているときには、角質細胞の端が、いっせいにめくれ上がり、粉をふいたようになります。

あまりにも粉ふきの程度が重症だと、めくれた細胞の隙間から皮膚の中の水分が蒸発しやすくなります。

そんなときに、ごく少量のワセリンをつけるのです。

ワセリンによって、めくれた角質細胞を皮膚に貼り付けることができて(糊の役目)、肌を乾燥から守れるというわけです。

さらに、かゆみやチクチクする痛みを感じる場所にも、ごく少量のワセリンを使用します。

かゆみやチクチク感じるのは、肌が乾燥しすぎて、目に見えない細かいひび割れで傷だらけになって、軽い炎症を起こしているためです。

この場合もワセリンでコーティングすることによって、外部の刺激から肌を守ることができ、傷が治りやすくなります。

けれども、ワセリンをつけてもいいのは原則として、粉をふいている部分とかゆみやチクチク痛みのある部分のみです。

それらの症状がない場所にはつけません。

むしろつけないほうが肌を荒らさずにすみます。

ただし、例外もあります。

例えば、目もとが乾燥していて、小ジワが気になる冬などに外出する際は、ごくごく少量のワセリンを目もとにつけて、多少目立たなくする程度なら許容範囲です。

また、湿度が10~30%などと、ひどく空気が乾燥しているときには、顔全体にワセリンを薄めにつけてから、外出しても良いです。

そして、もうひとつの例外が唇です。

唇が乾く人は、必ずといっていいほど唇を舐めていて、それで唇の肌が濡れ、乾燥してしまうのです。

そこで、ワセリンを塗ってコーティングしておけば、多少舐めても、唾液が唇の肌に直接つかないので乾燥しづらくなります。

ようするに、ワセリンは「唾液よけ」の働きをするのです。 (さらに…)

基本のつけ方~清潔に保つ~

基本のつけ方~清潔に保つ~

同じワセリンでも、純度の低いものは黄色っぽい色をしていますが、純度が高いものは白色ワセリンと呼ばれ、白っぽくて透明感があります。

肌につけるのは、必ず白色ワセリンにしてください。

そのワセリンはひとつ買えば、大きさにもよりますが1~2年はもちます。

このように長く使うためにも、清潔に保つ工夫が必要です。

指で直接取るのではなく、必ず楊枝や使い捨ての綿棒に取ることです。

かきまぜると、気泡が入ってしまうので注意しましょう。

そして、なるべく跡が平らになるように取ってください。

表面が凸凹だと、それだけ空気に触れる面積が多くなってしまうので。

このように注意していても、時間がたてば、空気に触れている表面には細菌が繁殖してきます。

その場合は、表面を少し捨てて、空気に触れていない部分を使うようにしましょう。

また、ワセリンがいくら酸化しにくいといっても、数年前に購入したものなどは、使わないほうが無難でしょう。 (さらに…)

ベースメイク~ファンデーションの選び方~

ベースメイク~ファンデーションの選び方~

素肌に自信がもてるようになるまで、どうしてもファンデーションをつけたいというならば、なるべくパウダリーファンデーションを使うようにしましょう。

油分や界面活性剤がまったく含まれていないか、大幅にカットされているものを選べば、肌へのダメージはBBクリーム、クリーム・リキッドのタイプのファンデーションよりもずいぶん小さくてすみます。

さらに肌への負担が最も小さいものを使いたいならば、「フェイスパウダー」や「ルースパウダー」などと呼ばれているフィニッシュパウダーを使うのをお勧めします。

これらのパウダーは肌を傷める油分も界面活性剤もいっさい含まれていません。

これをファンデーション代わりに少量使えば、肌を滑らかに見せてくれるでしょう。

さらに、コンシーラーや化粧下地、コントロールカラーもファンデーションと同じように肌にダメージを与えるので、やめるのが最善の策です。 (さらに…)

ポイントメイク~許容範囲内で~

ポイントメイク~許容範囲内で~

肌のことだけを考えれば、ポイントメイクもしないことにこしたことはありませんが、顔を綺麗に見せる効果も考慮すれば、ポイントメイクぐらいは許容範囲としたいと思います。

しかし、もちろんメイクしたり、それを落としたりするときには肌を擦ることになり、また防腐剤(パラペンなど)や、ものによっては油、界面活性剤などの入ったものを肌につけることになります。

けれども、ポイントメイクをするのは、眉毛、目もと、唇など顔のごく限られた狭い部分です。

顔全体にぬるファンデーションとはダメージの程度が違い、マイクロスコープで拡大してみると、肌のキメも消失していません。

ただし、少なからず、害があることは確かなので、なるべく界面活性剤やオイルを含まないパウダー状の化粧品を選び、また、つけたり落としたりするときには、クレンジングは使わず、少しでも擦らなくてすむように細心の注意をはらうことが重要です。

なお、メイクの必要のないときには、なるべくつけないように気をつけて、かゆみ、赤み、粉ふきの症状があるときには、完全に治るまで少なくとも2~3日は使用を中止して、肌を休ませながら使うことが大切です。 (さらに…)

ポイントメイク~アイシャドウについて~

ポイントメイク~アイシャドウについて~

アイシャドウもパウダータイプのものを選ぶようにしましょう。

クリームタイプのものには、油や界面活性剤が含まれていますし、指先やチップなどで伸ばすときに、まぶたの皮膚をかなり擦ることになってしまうからです。

大切なのは、柔らかいブラシでさっとひとはけする程度にしておくことです。

たとえ、柔らかいブラシでも、何度も往復させれば、まぶたの皮膚表面を擦ることになり、薄い皮でできている眼瞼挙筋腱が伸びたり、はずれたりして、眼瞼下垂の引き金になります。

また、慢性的に擦ることで、メラニンが増え、まぶたが黒ずんでもきます。

なお、アイシャドウをつける範囲をなるべく狭くすると、長期間使用しても、比較的害が出にくくなります。

そして、アイライナーを使用する際にも注意点がいくつかあります。

かなりダメージが大きいのが、ペンシルタイプのアイライナーです。 (さらに…)

ポイントメイク~まつげエクステは要注意~

ポイントメイク~まつげエクステは要注意~

最近はまつげエクステが、若い女性を筆頭に流行しています。

まつげエクステとは、肌ではなく、元来ある自まつげに人工のまつげを重ねてつけていく施術です。

肌には直接触れてはいないので、安心かと思うと、じつはそうでもないのです。

マイクロスコープでまぶたの皮膚を見てみると、炎症で真っ赤になっているのです。

このまま炎症が続くと、半年~1年後にはほぼ間違いなくまぶたがくすみ、黒ずんできます。

しかも、まつげのまわりに炎症が続くと、白目まで少し赤くなります。

白目が赤い状態が続くと、白目にコラーゲンが増え、毛細血管も増えてくるため、白目が黄色く濁ってしまい、おまけに目まで乾きやすくなります。

したがって、エクステも特別な行事などがあるときに、たまに利用する程度に留めておくべきでしょう。

ただし、まぶたにかゆみ、赤み、粉ふき、かぶれ、黒ずみのいずれかひとつでも症状が出てきたら、きっぱりとやめましょう。 (さらに…)

成果があらわれるまでの期間

成果があらわれるまでの期間

化粧石鹸を使わずに、水洗顔のみのケアに徹すると、確実に成果があらわれ、肌は美しくよみがえります。

では、どのくらいの期間で成果はあらわれるのでしょうか?

化粧品を使ってきた年数が長いほど、そして、熱心にスキンケアをしてきた人ほど、キメが失われて乾燥もひどくなっているので、当然ながら理想的な肌になるまでには時間がかかります。

しかし、平均的な期間としては、最初の2週間ほどでうっすらと鉛筆で線を引いたようなキメがあらわれ、さらにその3ヶ月後にはキメが細かくなり、さらにその2ヶ月後には細かなキメのひとつひとつの形がきれいに整い、それらのキメに囲まれた三角形が勢いよく盛り上がるようになります。

このように、多くの方たちは1年以内で美しい肌を取り戻します。 (さらに…)

化粧品をやめられない人へ

化粧品をやめられない人へ

化粧品によって肌が荒れている人でも、一気にスパッとやめて水洗顔だけにする人もいれば、段階的に少しずつやめていく人もいます。

どちらの方法でもかまいませんので、ご自分の性格やライフスタイルに合わせてやめ方を選んでください。

しかし、段階的にやめていく場合でも、クレンジングは真っ先にやめてください。

クレンジングは、肌の健康の要でもあり、また保湿の要である自家保湿因子までひと拭きで落としてしまいます。

クレンジングを使い続けていては、間違いなく乾燥肌になります。

そして、次にやめなければならないのが、クリーム、そして乳液美容液化粧水と続きます。

また、一回につける化粧品の量を減らす方法も有効です。

肌の中に染み込まない程度、つまり肌の表面にちょっとつく程度の量にしておきます。

そして、つける頻度を一日おき、二日おき・・・と減らし、化粧品を使わない期間を延ばしていき、最後にはすべて中止するのです。

この場合も、化粧品をつけるときは、必ず手のひらに一度伸ばしてから、必要な部分にだけ押し付けにします。

くれぐれもべたつかない程度にしておきましょう。

また、スタートする時期はいつからでもかまいません。

例えば、冬は空気が乾燥していますし、また寒さのせいで皮膚の新陳代謝も低下しがちで、肌にとっては過酷な季節です。

そのような季節に化粧品を断つのは辛いけれど、1ヶ月辛抱すれば、必ず肌は落ち着いて潤ってきます。

思い立った日が吉日ともいうので、季節に関係なく、「やってみよう!」と思ったときこそが始め時です。 (さらに…)