美肌の極み

基礎化粧品であれ、ベースメークの化粧品であれ、じつは化粧品の多くは、肌をボロボロにしているのです。

肌の再生力

化粧品は肌のサイクルをとめる

化粧品は肌のサイクルをとめる

角層の表面には、拡大して見てみると、網目状の溝が走っています。

この溝が肌のキメで、皮溝ともいいます。

真皮と表皮の境を顕微鏡で見ると、真皮と表皮が交互に入り込んだり、出たりしながら噛み合って、波形になっています。

この凹凸にともなって、角層の表面もキメをつくっており、健康な肌では、角層のキメが深く、また、表皮と真皮も深くしっかりと噛み合っています。

けれども、キメが浅いと、表皮と真皮の噛み合わせも浅く、また、キメがなくなっている肌では、表皮と真皮の境は平らです。

この表皮と真皮の境の部分は、ちょうど表皮細胞が生まれる基底層にあたります。

しかし、基底層が凹凸ではなく平らでは、基底細胞の数が少なくなるので、新しい表皮細胞や角質細胞は不足してしまいます。

すると、皮膚は広がる力がなくなり、縮むので、細胞が互いに引っ張り合うようなかたちになるため、皮膚はぴんぴんに張ってしまい、その結果、キメなどできる余裕はなくなってしまうわけです。

これが萎縮した皮膚です。

また、角質細胞が垢となって、1個剥がれ落ちると、それがシグナルとなって基底層で表皮細胞が1個生まれます。

これによって、肌は凹凸にはならず、どの部分でも常に平らなのです。要するに、通常、皮膚の調整は、皮膚表面の死んだ角質細胞がおこなっているということなのです。

さらに、角層がダメージを受けて保湿膜とバリアが破壊されれば、表皮全体が薄くなり、それにともなって真皮も薄くなり、結果皮膚全体が薄くなってしまうのです。

皮膚が薄くなると、くすんで見えたり、小ジワができやすくなり、また、皮膚の下の血管や筋肉が透けやすくなるため、目の下にクマができたり、色ムラが生じるのです。

したがって、間違ったスキンケアで角層がダメージを受ければ、その影響は皮膚全体に及ぶのです。

一番表面の角層が皮膚全体を調整しているので、直接肌につける化粧品がストレートに作用してくるのです。良いことも悪いことも・・・ (さらに…)

皮脂について

皮脂について

皮脂は毛根内部についている皮脂腺から分泌されますが、時間がたつと酸化して、過酸化脂質に変化します。

要するに、腐った脂肪になるわけです。

これが皮膚を刺激して炎症を起こし、それが何度も繰り返されると、組織に慢性的なダメージを与えます。

みなさんは人間の体の中で一番肌がきれいな場所といえば、どこの部位を思い浮かべるでしょうか?

それは腕の内側やももの内側、胸まわりなど、毛の少ない部位です。

毛が少ないということは、皮脂腺も少なく、分泌される皮脂の量も少ないので、過酸化脂質(腐った脂肪)によるダメージも少ないのです。

よって、キメの細かい、美しい肌が保たれているのです。

反対に皮脂が多く分泌され、肌ダメージが大きい体の部位は顔や背中、おしりなどになります。

また、皮脂膜をつくっている皮脂にも、保湿効果がありますが、それは保湿効果全体の1%にも及びません。

残りの99%は自家保湿因子の力によるものなのです。

皮脂にはほとんど保湿効果がないばかりか、むしろ肌にダメージを与えかねないものなのです。 (さらに…)

理想的な肌とは?

理想的な肌とは?

表面の角質細胞が1個剥がれ落ちると、それがシグナルとなって基底層で新しい細胞が1個生まれます。

逆にいうと、新しい細胞が生まれるためには、表面の角質細胞がスムーズに剥がれ落ちる必要があるのです。

正常な皮膚では、表面の角質細胞が空気に触れて乾燥すると、垢としてはがれ、自然に落下していきます。

規則的に剥がれ落ちていれば、基底層でも次々に新しい細胞が生まれます。

すると、表皮が厚くなり、その分、肌の表面に波打つ余裕が生じて、キメが深くなり、キメに囲まれた網目模様の中も勢いよくふっくらと盛り上がります。

しかし、化粧水クリームなどをつけて肌の表面をベタベタにしていると、角質細胞は乾燥せず、垢も剥がれにくくなります。

つまり、新しい細胞が生まれにくくなるのです。

よって、皮膚表面は多少乾燥しているほうが良いのです。

理想の肌は「しっとり」ではなく、「さらさら」だと覚えておきましょう。 (さらに…)

角層について

角層について

皮膚には表皮や真皮のほかに、角層という層があります。

この角層は、表皮の表面部分、つまり皮膚の外側表面を覆っています。

また、この角層は死んだ表皮細胞の集合体で、角質細胞といわれています。

角層では、6角形、または5角形の角質細胞が10層ほどびっしりと重なり合っています。

角質細胞と角質細胞の間には脂性の「糊」があり、細胞同士をしっかり貼り合わせています。

この脂性の糊を細胞間脂質といい、保湿の重要な主役となります。

そして、細胞間脂質の主成分が、セラミドになります。

また、角層は「角質細胞+細胞間脂質」という層が何層も重なり合って形成されています。

それだけではなく、細胞間脂質の中を電子顕微鏡で覗くと、水、油、水、油といった2種類の性質の異なった材料から形成されているのです。

細胞間脂質が保湿の主役であるのも、この構造のためです。このように、角層は、「角質細胞+細胞間脂質」という構造と細胞間脂質の中の「水+油」による層との、二重構造になっているわけです。

この二重構造の角質がラップのように皮膚を覆って、乾燥などから皮膚を守る保湿膜として機能しているのです。

角層は皮膚の最前線で体内の水分の蒸発を防ぎ、外部からの化学物質や異物の侵入も防ぐ、きわめて強力なバリアとして機能しているのです。 (さらに…)

皮膚のメカニズムについて

皮膚のメカニズムについて

皮膚は体の表面をカバーして水分の蒸発を防ぐという重要な役割をしています。

この役割を果たすために、皮膚の細胞はみずから保湿成分をつくり出しています。

これを「自家保湿因子」といいます。

人工的につくった保湿成分(化粧品会社が開発した保湿成分)は、人間の肌自身がつくる保湿力の1%の効果も発揮できないものばかりです。

大きな効果がある自家保湿因子に、人工的なオイルやクリームを混ぜても、それらは「不純物」にすぎません。

反対に、肌本来の保湿力を低下させるだけです。 (さらに…)