美肌の極み

基礎化粧品であれ、ベースメークの化粧品であれ、じつは化粧品の多くは、肌をボロボロにしているのです。

キメ

化粧品は肌のサイクルをとめる

化粧品は肌のサイクルをとめる

角層の表面には、拡大して見てみると、網目状の溝が走っています。

この溝が肌のキメで、皮溝ともいいます。

真皮と表皮の境を顕微鏡で見ると、真皮と表皮が交互に入り込んだり、出たりしながら噛み合って、波形になっています。

この凹凸にともなって、角層の表面もキメをつくっており、健康な肌では、角層のキメが深く、また、表皮と真皮も深くしっかりと噛み合っています。

けれども、キメが浅いと、表皮と真皮の噛み合わせも浅く、また、キメがなくなっている肌では、表皮と真皮の境は平らです。

この表皮と真皮の境の部分は、ちょうど表皮細胞が生まれる基底層にあたります。

しかし、基底層が凹凸ではなく平らでは、基底細胞の数が少なくなるので、新しい表皮細胞や角質細胞は不足してしまいます。

すると、皮膚は広がる力がなくなり、縮むので、細胞が互いに引っ張り合うようなかたちになるため、皮膚はぴんぴんに張ってしまい、その結果、キメなどできる余裕はなくなってしまうわけです。

これが萎縮した皮膚です。

また、角質細胞が垢となって、1個剥がれ落ちると、それがシグナルとなって基底層で表皮細胞が1個生まれます。

これによって、肌は凹凸にはならず、どの部分でも常に平らなのです。要するに、通常、皮膚の調整は、皮膚表面の死んだ角質細胞がおこなっているということなのです。

さらに、角層がダメージを受けて保湿膜とバリアが破壊されれば、表皮全体が薄くなり、それにともなって真皮も薄くなり、結果皮膚全体が薄くなってしまうのです。

皮膚が薄くなると、くすんで見えたり、小ジワができやすくなり、また、皮膚の下の血管や筋肉が透けやすくなるため、目の下にクマができたり、色ムラが生じるのです。

したがって、間違ったスキンケアで角層がダメージを受ければ、その影響は皮膚全体に及ぶのです。

一番表面の角層が皮膚全体を調整しているので、直接肌につける化粧品がストレートに作用してくるのです。良いことも悪いことも・・・ (さらに…)

化粧品をやめる=キメが整う

化粧品をやめる=キメが整う

最近では、何をつけても肌が赤くなってしまうように、肌トラブルが出やすい人が増えています。

いわゆる敏感肌というものです。

こうした肌は、キメがほとんどなく、肌は乾燥しきっています。

乾燥が激しいということは、体内の水分の蒸発を防ぐ保湿膜が壊れているのと同時に、肌を外界の刺激から守るはずのバリア機能も働いていないのです。 (さらに…)