美肌の極み

基礎化粧品であれ、ベースメークの化粧品であれ、じつは化粧品の多くは、肌をボロボロにしているのです。

コラーゲン

ビタミンCのイオン導入について

ビタミンCのイオン導入について

ビタミンCにはさまざまな美肌効果があります。

強い抗酸化作用があるので、過酸化脂質ができるのを抑制し、細胞膜を傷つける活性酸素も除去します。

また、皮脂の分泌を抑制し、毛穴を引き締め、炎症も抑えますし、真皮のコラーゲンの生成を促して、肌に弾力を与えます。

さらに、紫外線やストレスで傷んだDNAを修復する力も備えており、また、メラニンを合成しにくくするので、美白効果にも優れています。

加えて、肌のキメを整え、肌に透明感をもたらす効果まであります。

なお、水に溶かしたビタミンCをイオン化して、プラスイオンとマイナスイオンに分けます。

そこに電流を流して、イオン化ビタミンCを肌の奥深くまで浸透させるのが、イオン導入です。

その浸透力は、肌にただビタミンCをぬった場合の、数十倍にもなります。 (さらに…)

コラーゲンを飲むと、お肌はぷるぷるになる?ビタミンをサプリメントで補える?

コラーゲンを飲むと、お肌はぷるぷるになる?

コラーゲンは分子量が極めて大きいので、そのままの形で体内に吸収され、皮膚まで運ばれることは100%ありません。

コラーゲンといえば、皮膚の真皮にあり、肌に弾力を与えている繊維で、各種のアミノ酸が鎖のように繋がったたんぱく質です。

そのままでは吸収できないので、まず、ペプチド(アミノ酸が2個以上繋がったもの)に、次にアミノ酸に、それぞれ分解されて、はじめて体内に吸収されます。

つまり、食事で肉や魚などを食べているのとなんらかわりはなく、コラーゲンを飲んでも、それがそのままの形で皮膚に届くことはありません。

したがって、真皮のコラーゲン繊維が増えるわけではないのです。

コラーゲンが分解されると、消化吸収されるアミノ酸やペプチドは、毎日食べる肉や魚の中にも十分な量が含まれているので、普通に食事をすれば不足することはありません。

不足しているならともかく、そうでないなら飲んでも意味がありません。お金の無駄です。 (さらに…)

化粧品による油と界面活性剤の害~炎症を引き起こすのは美容成分~

化粧品による油と界面活性剤の害~炎症を引き起こすのは美容成分~

クリームには「美容成分」と称するさまざまな成分が配合されています。

クリームをつけると、油や界面活性剤、そして美容成分が毛穴から少しずつ浸透していきます。

浸透した成分はすぐに酸化して、有害な酸化物に変わります。

すると、周囲の組織はこの酸化物を異物とみなして、それを排除する反応を起こします。

これがいわゆる炎症です。

そして、毛穴などが炎症を起こして赤くなる症状を繰り返して慢性化すると、必ずメラニンが増えるので、肌が茶色くなります。

茶色くなるということは、これを繰り返していれば、やがてシミやくすみとなって肌の表面に表れるということです。

クリームの類を多く使ってきた人の肌をマイクロスコープで拡大して見ると、ほとんどすべての毛穴のまわりに炎症があります。

酷い人になると、毛穴が大きなクレーターのようになっています。

表皮の「裏打ち」である真皮のコラーゲンも溶けてしまったからです。

そもそもクリームや軟膏は皮膚科などでは、薬を皮膚に浸透させるために肌のバリアを壊す目的で使われるものです。

その威力は、クリーム>軟膏>ゲルの順で強力です。

そのため、皮膚病を治すために、薬を確実に皮膚の中へ届ける必要がある場合は、バリアを壊す威力が一番強いクリームに薬を混ぜて使うのが、最も効果的です。

ただし、クリームは皮膚のバリアを壊す力が強すぎる分、その弊害と刺激によって、炎症を起こしやすいというマイナス面もあるのです。

そのため、皮膚にクリームを使う弊害よりも、薬のもたらす効果のほうが大きいと判断したときにだけ、医者はクリームを使うわけです。 (さらに…)

化粧品による水の害~肌を乾燥させるヒアルロン酸・コラーゲン~

化粧品による水の害~肌を乾燥させるヒアルロン酸・コラーゲン~

保湿成分入りの化粧水を顔につけると、肌がしっとりしてもちもちしていると感じるのはどうしてでしょう?

化粧水に含まれるヒアルロン酸やコラーゲンのとろっとした感触を、しっとりと感じるためです。

でも、これは錯覚なのです。ヒアルロン酸やコラーゲンのとろみ感は、化粧水の水分の蒸発とともに直に消失してしまい、その後は乾燥によるつっぱり感が顕著に出てきます。

だからこそ、化粧品メーカーは化粧水の後には乳液クリームをつけて「蓋をする」ようにと、謳っているのです。

ヒアルロン酸やコラーゲンは、皮膚の構成には重要な成分で、組織の中では水分保持の働きをしているので、イメージとしては美容や健康に良さそうですが、肌につけても乾燥させるだけでまったく意味はありません。

ところで、肌をひきしめる効果を期待して、水に収斂剤を入れた化粧水があります。

収斂剤とは、酸のことで、酸で皮膚表面のたんぱく質を凝固させて、肌をひきしめるものです。

一時的には良いのかもしれませんが、長期的にみると、やはり肌はボロボロになってしまうばかりです。

 化粧品による油と界面活性剤の害~クリームに含まれる界面活性剤~

皮脂を模してつくられたクリームには皮脂と同じく、肌を保湿する力はほとんどありません。

それどころか、化粧水よりも肌に与えるダメージはずっと大きいのです。

クリームの界面活性剤は角層の構造自体を壊すのですから。

クリームは油と水を混ぜてつくります。

本来ならば水と油は混ざりませんが、界面活性剤を加えることで、このふたつは混ざり合い、クリームができあがります。

一方、角層は死んだ角質細胞と細胞間脂質が積み重なってできています。

角質細胞にはアミノ酸などの水溶性の保湿成分が含まれ、細胞間脂質はセラミドを主体とした脂質成分からなる脂溶性の保湿成分が含まれています。

さらに、細胞間脂質の中でも、水・油・水・油・・・・・・というように交互に何層にも重なり合って、保湿バリアが形成されています。

角層はこのように二重構造によって皮膚の水分の蒸発を防ぎ、外界からの化学物質や異物の侵入を防いでいるわけです。

ところが、クリームは角層内の水溶性の保湿成分も脂溶性の細胞間脂質も溶かし、さらには細胞間脂質の中の水・油の二重構造も一緒に壊していくのです。

このようにして、バリアを失った肌が乾燥するのは当然です。


化粧品による水の害~化粧水~

化粧品による水の害~化粧水~

世の女性たちは、肌に水分を供給して保湿するために化粧水を使っています。

しかし、化粧水にも水にも、肌を潤す効果はありません。

それどころか、肌をかえって乾燥させてしまいます。

その理由としては、水は皮膚の表面を壊しますし、化粧水も約9割が水からできているからです。

では、具体的に水はどのように皮膚の表面を壊すのか説明していきましょう。

皮膚自身がつくりだしている自家保湿因子のひとつ、天然保湿因子は、真水などとはまったく異なり、さまざまな種類のアミノ酸やたんぱく質の分子が結合していたり、電解質の形で存在しています。

これによって、肌を潤すことができ、また、皮膚の中の水分も蒸発しないですむのです。

ところが、化粧水などに含まれるのはただの水なので、肌を潤すこともできず、時間がたつと、その水は必ず蒸発します。

その結果、最上部の角質細胞の端がめくれ上がったり、浮き上がったりします。

すると、皮膚の中の水分は、その隙間からどんどん蒸発するので、肌は必然と乾燥します。 (さらに…)