美肌の極み

基礎化粧品であれ、ベースメークの化粧品であれ、じつは化粧品の多くは、肌をボロボロにしているのです。

スキンケア

肌が再生する方法

肌が再生する方法

皮膚には、体内の水分が蒸発するのを防ぎ、同時に、外部からの異物や化学物質が入り込むのも防ぐバリア機能が備わっています。

スキンケアで最も大切なことは、この皮膚のバリア機能を良好な状態に保つことです。

そうすれば、肌は特別なケアをしなくても自然に健康的な美肌になります。

そのために、やらなくてはならないことは水のみでの洗顔につきます。

反対にやってはいけないことは、クレンジング化粧水美容液乳液クリームなどの基礎化粧品コンシーラー、コントロールカラー、ファンデーションなどのベースメイク用品を使わないことです。

ただし、口紅やアイシャドウといったポイントメイクは許容範囲です。 (さらに…)

化粧品による防腐剤の害~常在菌の重要さ~

化粧品による防腐剤の害~常在菌の重要さ~

肌の表面を弱酸性に保って、雑菌などから肌を守っているのが、皮膚に棲みついている常在菌です。

しかし、化粧品をつけている人の肌を調べてみると、常在菌はほとんど生息していないことがわかりました。

これは明らかに防腐剤の影響です。

化粧水クリームファンデーションなどの化粧品は、数年たっても腐りません。

パラペンなどの強力な防腐剤が入っているためで、その殺菌力は消毒薬よりもはるかに強いのです。

そんなものを毎日肌につけて顔を消毒していたら、常在菌がほとんど死に絶えてしまうのも当然です。

1種類だけならまだしも、たいていの女性は毎日何種類もの化粧品をせっせとつけています。

単純計算で、2種類つければ2倍、3種類つければ3倍、4種類つければ4倍のパラペンが肌に付着することになります。

ちなみに、何種類もの化粧品をつけている人の皮膚には、聞いたこともない名前の雑菌がいっぱい付着していました。

常在菌のほとんどを殺してしまったためです。

そうなると、かゆみや炎症が出たり消えたり、またカビなどに感染してしまうのです。 (さらに…)

化粧品の5つの害

化粧品の5つの害

では、化粧品を使うことの弊害について、考えていきましょう。

どんなに高価で評判が良い化粧品でも、一番の保湿力を誇る自家保湿因子にとっては「不純物」にしかすぎません。

しかし、大半の女性は肌を乾燥させ、くすみ、シミやニキビを増やしているとは知らずに、せっせと毎日スキンケアを続けています。

具体的に化粧品によるスキンケアの弊害は、水の害、界面活性剤と油の害、防腐剤の害、こする害、洗いすぎの害の5つになります。 (さらに…)

化粧品をやめる=炎症も消える

化粧品をやめる=炎症も消える

敏感肌の人はよく炎症を起こします。

毛穴が真っ赤になったり、茶色になったり、クレーターのように大きな穴があいていたりします。

このような人たちに、1ヶ月間、クレンジング化粧水美容液乳液クリームそしてファンデーションをやめ、洗顔もなるべく石鹸は使わず、水だけにしてもらうようにしました。

そして1ヵ月後、毛穴の炎症は劇的に良くなっていました。 (さらに…)

お手入れに力を入れている人ほど肌はボロボロ

お手入れに力を入れている人ほど肌はボロボロ

2001年、北里研究所病院美容医学センターで皮膚の状態を詳しく検査する美容ドックが開設されたそうです。

その結果、大勢の患者さんが押しかけて来たそうです。

そこで、集計されたデータを見てみると、美容ドッグを受けた女性の約80%の人のほおが乾燥し、干からびてボロボロの状態だったそうです。 (さらに…)