美肌の極み

基礎化粧品であれ、ベースメークの化粧品であれ、じつは化粧品の多くは、肌をボロボロにしているのです。

化粧品

天然成分入りの化粧品

天然成分入りの化粧品

最近では、無添加、・オーガニックなど天然成分の入った基礎化粧品が化粧品メーカーから数多く発売されています。

特にニキビやアレルギーに悩んでいる人たちには人気がありますね。

けれども、天然成分や自然成分が肌に害が少なくて、安全という根拠はまったくありません。

化粧品の成分には天然の材料から抽出した成分と化学的に合成された人工的な成分である化学物質とがあります。

毒性や安全性については、天然か、人工的かはまったく関係がありません。

例えば、化学的に抽出されたワセリンよりも、自然界にあるウルシの樹液のほうが皮膚や生体に優しいとはいえません。

ワセリンでかぶれることはまずありませんが、自然の産物であってもウルシの樹液は皮膚に付くと、猛烈なかぶれを引き起こします。

そして、自然界にはふぐ毒やボツリヌス毒、蛇毒などたくさんの毒素が存在しています。

また、ワセリンには化学的に抽出されたものといいましたが、見方を変えれば、石油という天然成分を加工してつくったものと説明することもできます。

天然成分だから安全ということは決してないのです。 (さらに…)

化粧品をやめられない人へ

化粧品をやめられない人へ

化粧品によって肌が荒れている人でも、一気にスパッとやめて水洗顔だけにする人もいれば、段階的に少しずつやめていく人もいます。

どちらの方法でもかまいませんので、ご自分の性格やライフスタイルに合わせてやめ方を選んでください。

しかし、段階的にやめていく場合でも、クレンジングは真っ先にやめてください。

クレンジングは、肌の健康の要でもあり、また保湿の要である自家保湿因子までひと拭きで落としてしまいます。

クレンジングを使い続けていては、間違いなく乾燥肌になります。

そして、次にやめなければならないのが、クリーム、そして乳液美容液化粧水と続きます。

また、一回につける化粧品の量を減らす方法も有効です。

肌の中に染み込まない程度、つまり肌の表面にちょっとつく程度の量にしておきます。

そして、つける頻度を一日おき、二日おき・・・と減らし、化粧品を使わない期間を延ばしていき、最後にはすべて中止するのです。

この場合も、化粧品をつけるときは、必ず手のひらに一度伸ばしてから、必要な部分にだけ押し付けにします。

くれぐれもべたつかない程度にしておきましょう。

また、スタートする時期はいつからでもかまいません。

例えば、冬は空気が乾燥していますし、また寒さのせいで皮膚の新陳代謝も低下しがちで、肌にとっては過酷な季節です。

そのような季節に化粧品を断つのは辛いけれど、1ヶ月辛抱すれば、必ず肌は落ち着いて潤ってきます。

思い立った日が吉日ともいうので、季節に関係なく、「やってみよう!」と思ったときこそが始め時です。 (さらに…)

肌が再生する方法

肌が再生する方法

皮膚には、体内の水分が蒸発するのを防ぎ、同時に、外部からの異物や化学物質が入り込むのも防ぐバリア機能が備わっています。

スキンケアで最も大切なことは、この皮膚のバリア機能を良好な状態に保つことです。

そうすれば、肌は特別なケアをしなくても自然に健康的な美肌になります。

そのために、やらなくてはならないことは水のみでの洗顔につきます。

反対にやってはいけないことは、クレンジング化粧水美容液乳液クリームなどの基礎化粧品コンシーラー、コントロールカラー、ファンデーションなどのベースメイク用品を使わないことです。

ただし、口紅やアイシャドウといったポイントメイクは許容範囲です。 (さらに…)

化粧品による洗いすぎの害~肌の自己回復力~

化粧品による洗いすぎの害~肌の自己回復力~

肌のトラブル(炎症やニキビ、乾燥など)を治したい人や美しい肌を保ちたい人は、バリア機能を破壊する化粧品を使用するのをやめ、水洗顔だけのスキンケアに徹することが重要です。

そして、クリームなどを使って保湿機能を高めることよりも、損なわないことに注意して、肌のもつ自然の再生力、つまり自己回復力にまかせるのです。

つまり、肌のもつ自己回復力を最大限発揮させることこそ、長期的に最も効果的なスキンケアなのです。

そして、このようなスキンケアの基本は、つけない・こすらない・洗いすぎないの3つ。 (さらに…)

化粧品による洗いすぎの害~化粧石鹸について~

化粧品による洗いすぎの害~化粧石鹸について~

私たちが普段洗顔に使っている石鹸が、化粧石鹸です。

これは、化粧品会社が純石鹸にグリセリンや香料、油脂などを混ぜて、洗った後の肌の感触をしっとりさせるためにつくったものです。

反対に、昔からある純石鹸は、他の成分を混ぜると、洗浄力が落ちる弱点があります。

そこで、これを克服するために開発されたのが、クレンジングです。

界面活性剤が大量に混ぜられているので、ファンデーションなど楽々と落としてしまいます。

添加物を加えたら、洗浄力が極端に落ちることがわかった時点で、ファンデーションは純石鹸で落とすべきだったのです。

そうすれば、女性の乾燥肌や敏感肌は、今よりもっと少なかったと思います。

しかし、化粧石鹸だけでは化粧はあまりきれいに落ちないので、必然と化粧石鹸+クレンジングという形で売れていっているのが実情です。 (さらに…)

化粧品による洗いすぎの害~石鹸と合成洗剤の違い~

化粧品による洗いすぎの害~石鹸と合成洗剤の違い~

洗顔でよく使われているものがクレンジングともうひとつ、石鹸です。

石鹸には合成洗剤と、昔からある、いわゆる石鹸の2種類があります。

洗顔フォームや台所洗剤、洗濯用洗剤のほとんどは合成洗剤で、昔からあるのが純石鹸、あるいは無添加石鹸といわれているものです。

どちらも水と油を混ぜることのできる界面活性効果によって、汚れを落とします。

合成洗剤は、自然界には存在しない、化学的に合成された界面活性剤なのに対して、一方の純石鹸はオリーブ油やヤシ油、パーム油などの植物性の油や牛脂などの動物の脂をベースに、苛性ソーダなどを加えることで、界面活性作用をもたせています。

純石鹸はこのように自然界にある原料からつくられているわけです。

また、合成洗剤で洗顔した場合は、ほんの少しですが、毛穴や皮膚に洗剤が吸着し、角層を破壊します。

さらに、それらは分解されにくく、皮膚の内部にも容易に侵入し、高い毒性が証明されています。

それとは反対に、純石鹸は皮膚に残りにくく、分解されやすいので、毒性が少ないことが特徴です。

おまけに、純石鹸の洗浄力は、合成洗剤と比べて同等かやや優っています。

けれども、洗浄力が強いので、使用する際は必要最小限にとどめておきましょう。 (さらに…)

化粧品による洗いすぎの害~クレンジングについて~

化粧品による洗いすぎの害~クレンジングについて~

化粧品の中で最も肌に悪いものは何だと思いますか?それは、クレンジングです。

クレンジングには、オイル、クリーム、ゲルなどさまざまなタイプがありますが、いずれも主成分は界面活性剤で、落としにくい油性のファンデーションをひと拭きで落とす強力な効果があります。

それは、同時に、肌のバリア機能の要である自家保湿因子(細胞間脂質+天然保湿因子)を溶かして、ひと拭きで根こそぎこすり落とすことになるのです。

そして、クレンジング後には、この有害な界面活性剤が皮膚に残るので、洗顔石鹸で洗顔をするというダブル洗顔が必要になるわけです。

ところが、その洗顔石鹸にも界面活性剤が入っているので、肌は二重にダメージを受けるわけです。

肌のバリア機能を失えば、油や界面活性剤などが肌の中に浸透して、「角質細胞+細胞間脂質」の構造さえも破壊されてしまうことになります。

破壊された角層の構造は再生するのに早くても3~4日かかり、毎日クレンジングや過度の洗顔を繰り返していれば、再生した先からこすり落とされてしまいます。

しかも、「角質細胞+細胞間脂質」の構造はいかなる保湿剤を駆使しても代用はできないのです。

さらに、クレンジングにはもうひとつ、大きな弊害があります。

ファンデーションの汚れをクレンジングによく馴染ませるには、クリームのとき以上にこすることになります。

つまり、大量の界面活性剤が使用されていること、化粧を落とすために肌をひどくこすること、このふたつによって、化粧水やクリームよりもずっとひどく保湿バリアを破壊して、肌を傷めてしまうのがクレンジングなのです。 (さらに…)

化粧品による防腐剤の害~常在菌の重要さ~

化粧品による防腐剤の害~常在菌の重要さ~

肌の表面を弱酸性に保って、雑菌などから肌を守っているのが、皮膚に棲みついている常在菌です。

しかし、化粧品をつけている人の肌を調べてみると、常在菌はほとんど生息していないことがわかりました。

これは明らかに防腐剤の影響です。

化粧水クリームファンデーションなどの化粧品は、数年たっても腐りません。

パラペンなどの強力な防腐剤が入っているためで、その殺菌力は消毒薬よりもはるかに強いのです。

そんなものを毎日肌につけて顔を消毒していたら、常在菌がほとんど死に絶えてしまうのも当然です。

1種類だけならまだしも、たいていの女性は毎日何種類もの化粧品をせっせとつけています。

単純計算で、2種類つければ2倍、3種類つければ3倍、4種類つければ4倍のパラペンが肌に付着することになります。

ちなみに、何種類もの化粧品をつけている人の皮膚には、聞いたこともない名前の雑菌がいっぱい付着していました。

常在菌のほとんどを殺してしまったためです。

そうなると、かゆみや炎症が出たり消えたり、またカビなどに感染してしまうのです。 (さらに…)

化粧品による油と界面活性剤の害~コンシーラー・コントロールカラーについて~

化粧品による油と界面活性剤の害~コンシーラー・コントロールカラーについて~

シミを隠すコンシーラーは、基本的にはリキッドファンデーションと同じです。

リキッドファンデーションはクリームファンデーションとともに、シミをつくる一大原因です。

しかも、シミのできている部分はわずかな刺激によっても、すぐにメラニンが増えてしまいます。

つまり、シミの上にコンシーラーという名のリキッドファンデーションを重ね付けすることでシミはますます濃くなっていくのです。

また、肌を綺麗に見せるコントロールカラーやファンデーションの付きをよくする化粧下地なども、リキッドファンデーションと仲間は一緒。

その種のものを重ねれば重ねるほど、肌により大きなダメージを加えることになります。

どうしてもファンデーションをつけていたいという人も、肌の健康を求めるならば、せめてコンシーラーやコントロールカラー、化粧下地の類はきっぱりとやめるべきです。 (さらに…)

化粧品による油と界面活性剤の害~日焼け止めについて~

化粧品による油と界面活性剤の害~日焼け止めについて~

紫外線といえば、すぐ思いつくのが日焼け止めです。

夏に近づくにつれて、ドラッグストアや化粧品売り場には多数の日焼け止めや日焼け止めの成分が入った化粧下地がところせましと置かれ販売されます。

日焼け止めには、確かに有害な紫外線をカットする効果があります。

ところが、弊害もまたあるのです。

ほとんどの日焼け止めは、界面活性剤が入ったクリーム状なので、バリア機能を破壊し、肌を乾燥させ、さらに炎症を起こさせる点では、他のクリームと同じです。

また、紫外線吸収剤の入っている日焼け止めでは、紫外線にあたると、吸収剤が刺激のある有害な成分に変化して、炎症を起こしたりするのです。

また、日焼け止めを肌につけるときにはこすりますし、これを落とすときには洗顔石鹸クレンジングでまたこすります。

このように、いつもこすっていると炎症とメラニン増加によって、シミをつくり、肌をくすませもします。

これではかえって肌へのダメージは大きくなるばかりです。

もし、短時間でも紫外線を浴びるのが不安だというならば、帽子や日傘でガードすれば良いのです。

また、最近では、紫外線と皮膚がんとの関係も取沙汰されています。

でも、私たち黄色人種の肌は、白人と違って皮膚がんは多くありません。

白人のデータを鵜呑みにして、日焼け止めを必要以上に塗ることは、肌を乾燥させ、慢性的なダメージを与えてしまうことに繋がっていくのです。 (さらに…)