美肌の極み

基礎化粧品であれ、ベースメークの化粧品であれ、じつは化粧品の多くは、肌をボロボロにしているのです。

口紅

ポイントメイク~まつげエクステは要注意~

ポイントメイク~まつげエクステは要注意~

最近はまつげエクステが、若い女性を筆頭に流行しています。

まつげエクステとは、肌ではなく、元来ある自まつげに人工のまつげを重ねてつけていく施術です。

肌には直接触れてはいないので、安心かと思うと、じつはそうでもないのです。

マイクロスコープでまぶたの皮膚を見てみると、炎症で真っ赤になっているのです。

このまま炎症が続くと、半年~1年後にはほぼ間違いなくまぶたがくすみ、黒ずんできます。

しかも、まつげのまわりに炎症が続くと、白目まで少し赤くなります。

白目が赤い状態が続くと、白目にコラーゲンが増え、毛細血管も増えてくるため、白目が黄色く濁ってしまい、おまけに目まで乾きやすくなります。

したがって、エクステも特別な行事などがあるときに、たまに利用する程度に留めておくべきでしょう。

ただし、まぶたにかゆみ、赤み、粉ふき、かぶれ、黒ずみのいずれかひとつでも症状が出てきたら、きっぱりとやめましょう。 (さらに…)

メイク落とし~アイメイク編~

メイク落とし~アイメイク編~

ポイントメイクをしてる人は、真っ先にポイントメイクを落としましょう。

アイシャドウやアイライン、アイブロウは「転がし取り」です。

綿棒を水道水で湿らせて、それをまぶたや眉の上で1~2回転がします。

もしも、水だけで落ちない場合は、綿棒に純石鹸を撫でるようにほんの少しつけます。

そして同様に転がしていきます。最近はぬるま湯で簡単に落とせるマスカラも多く売られています。

マスカラはこのタイプを使うのが一番ですが、それ以外のマスカラでは水で湿らせた綿棒2本でまつげを挟んで落とします。

もし、この方法で落ちにくいようならば、まつげの上下いずれかの綿棒をもう片方の綿棒に押し付けながら回転させましょう。

アイメイクにしろ、アイブロウにしろ、完全に落とそうとはしないこと。

多少肌に残っていても、皮膚の新陳代謝によって、3~4日で垢と一緒に自然に剥がれ落ちていきます。

徹底的に落とそうとすれば、それだけ肌を擦ることになり、炎症や黒ずみの原因となります。 (さらに…)