美肌の極み

基礎化粧品であれ、ベースメークの化粧品であれ、じつは化粧品の多くは、肌をボロボロにしているのです。

常在菌

化粧品による防腐剤の害~常在菌の重要さ~

化粧品による防腐剤の害~常在菌の重要さ~

肌の表面を弱酸性に保って、雑菌などから肌を守っているのが、皮膚に棲みついている常在菌です。

しかし、化粧品をつけている人の肌を調べてみると、常在菌はほとんど生息していないことがわかりました。

これは明らかに防腐剤の影響です。

化粧水クリームファンデーションなどの化粧品は、数年たっても腐りません。

パラペンなどの強力な防腐剤が入っているためで、その殺菌力は消毒薬よりもはるかに強いのです。

そんなものを毎日肌につけて顔を消毒していたら、常在菌がほとんど死に絶えてしまうのも当然です。

1種類だけならまだしも、たいていの女性は毎日何種類もの化粧品をせっせとつけています。

単純計算で、2種類つければ2倍、3種類つければ3倍、4種類つければ4倍のパラペンが肌に付着することになります。

ちなみに、何種類もの化粧品をつけている人の皮膚には、聞いたこともない名前の雑菌がいっぱい付着していました。

常在菌のほとんどを殺してしまったためです。

そうなると、かゆみや炎症が出たり消えたり、またカビなどに感染してしまうのです。 (さらに…)

皮脂について

皮脂について

皮脂は毛根内部についている皮脂腺から分泌されますが、時間がたつと酸化して、過酸化脂質に変化します。

要するに、腐った脂肪になるわけです。

これが皮膚を刺激して炎症を起こし、それが何度も繰り返されると、組織に慢性的なダメージを与えます。

みなさんは人間の体の中で一番肌がきれいな場所といえば、どこの部位を思い浮かべるでしょうか?

それは腕の内側やももの内側、胸まわりなど、毛の少ない部位です。

毛が少ないということは、皮脂腺も少なく、分泌される皮脂の量も少ないので、過酸化脂質(腐った脂肪)によるダメージも少ないのです。

よって、キメの細かい、美しい肌が保たれているのです。

反対に皮脂が多く分泌され、肌ダメージが大きい体の部位は顔や背中、おしりなどになります。

また、皮脂膜をつくっている皮脂にも、保湿効果がありますが、それは保湿効果全体の1%にも及びません。

残りの99%は自家保湿因子の力によるものなのです。

皮脂にはほとんど保湿効果がないばかりか、むしろ肌にダメージを与えかねないものなのです。 (さらに…)