美肌の極み

基礎化粧品であれ、ベースメークの化粧品であれ、じつは化粧品の多くは、肌をボロボロにしているのです。

弱酸性

化粧品による洗いすぎの害~石鹸と合成洗剤の違い~

化粧品による洗いすぎの害~石鹸と合成洗剤の違い~

洗顔でよく使われているものがクレンジングともうひとつ、石鹸です。

石鹸には合成洗剤と、昔からある、いわゆる石鹸の2種類があります。

洗顔フォームや台所洗剤、洗濯用洗剤のほとんどは合成洗剤で、昔からあるのが純石鹸、あるいは無添加石鹸といわれているものです。

どちらも水と油を混ぜることのできる界面活性効果によって、汚れを落とします。

合成洗剤は、自然界には存在しない、化学的に合成された界面活性剤なのに対して、一方の純石鹸はオリーブ油やヤシ油、パーム油などの植物性の油や牛脂などの動物の脂をベースに、苛性ソーダなどを加えることで、界面活性作用をもたせています。

純石鹸はこのように自然界にある原料からつくられているわけです。

また、合成洗剤で洗顔した場合は、ほんの少しですが、毛穴や皮膚に洗剤が吸着し、角層を破壊します。

さらに、それらは分解されにくく、皮膚の内部にも容易に侵入し、高い毒性が証明されています。

それとは反対に、純石鹸は皮膚に残りにくく、分解されやすいので、毒性が少ないことが特徴です。

おまけに、純石鹸の洗浄力は、合成洗剤と比べて同等かやや優っています。

けれども、洗浄力が強いので、使用する際は必要最小限にとどめておきましょう。 (さらに…)

化粧品による防腐剤の害~常在菌の重要さ~

化粧品による防腐剤の害~常在菌の重要さ~

肌の表面を弱酸性に保って、雑菌などから肌を守っているのが、皮膚に棲みついている常在菌です。

しかし、化粧品をつけている人の肌を調べてみると、常在菌はほとんど生息していないことがわかりました。

これは明らかに防腐剤の影響です。

化粧水クリームファンデーションなどの化粧品は、数年たっても腐りません。

パラペンなどの強力な防腐剤が入っているためで、その殺菌力は消毒薬よりもはるかに強いのです。

そんなものを毎日肌につけて顔を消毒していたら、常在菌がほとんど死に絶えてしまうのも当然です。

1種類だけならまだしも、たいていの女性は毎日何種類もの化粧品をせっせとつけています。

単純計算で、2種類つければ2倍、3種類つければ3倍、4種類つければ4倍のパラペンが肌に付着することになります。

ちなみに、何種類もの化粧品をつけている人の皮膚には、聞いたこともない名前の雑菌がいっぱい付着していました。

常在菌のほとんどを殺してしまったためです。

そうなると、かゆみや炎症が出たり消えたり、またカビなどに感染してしまうのです。 (さらに…)