美肌の極み

基礎化粧品であれ、ベースメークの化粧品であれ、じつは化粧品の多くは、肌をボロボロにしているのです。

理想的な肌

理想的な肌とは?

理想的な肌とは?

表面の角質細胞が1個剥がれ落ちると、それがシグナルとなって基底層で新しい細胞が1個生まれます。

逆にいうと、新しい細胞が生まれるためには、表面の角質細胞がスムーズに剥がれ落ちる必要があるのです。

正常な皮膚では、表面の角質細胞が空気に触れて乾燥すると、垢としてはがれ、自然に落下していきます。

規則的に剥がれ落ちていれば、基底層でも次々に新しい細胞が生まれます。

すると、表皮が厚くなり、その分、肌の表面に波打つ余裕が生じて、キメが深くなり、キメに囲まれた網目模様の中も勢いよくふっくらと盛り上がります。

しかし、化粧水クリームなどをつけて肌の表面をベタベタにしていると、角質細胞は乾燥せず、垢も剥がれにくくなります。

つまり、新しい細胞が生まれにくくなるのです。

よって、皮膚表面は多少乾燥しているほうが良いのです。

理想の肌は「しっとり」ではなく、「さらさら」だと覚えておきましょう。 (さらに…)