美肌の極み

基礎化粧品であれ、ベースメークの化粧品であれ、じつは化粧品の多くは、肌をボロボロにしているのです。

皮膚

化粧品による水の害~化粧水~

化粧品による水の害~化粧水~

世の女性たちは、肌に水分を供給して保湿するために化粧水を使っています。

しかし、化粧水にも水にも、肌を潤す効果はありません。

それどころか、肌をかえって乾燥させてしまいます。

その理由としては、水は皮膚の表面を壊しますし、化粧水も約9割が水からできているからです。

では、具体的に水はどのように皮膚の表面を壊すのか説明していきましょう。

皮膚自身がつくりだしている自家保湿因子のひとつ、天然保湿因子は、真水などとはまったく異なり、さまざまな種類のアミノ酸やたんぱく質の分子が結合していたり、電解質の形で存在しています。

これによって、肌を潤すことができ、また、皮膚の中の水分も蒸発しないですむのです。

ところが、化粧水などに含まれるのはただの水なので、肌を潤すこともできず、時間がたつと、その水は必ず蒸発します。

その結果、最上部の角質細胞の端がめくれ上がったり、浮き上がったりします。

すると、皮膚の中の水分は、その隙間からどんどん蒸発するので、肌は必然と乾燥します。 (さらに…)

皮膚のメカニズムについて

皮膚のメカニズムについて

皮膚は体の表面をカバーして水分の蒸発を防ぐという重要な役割をしています。

この役割を果たすために、皮膚の細胞はみずから保湿成分をつくり出しています。

これを「自家保湿因子」といいます。

人工的につくった保湿成分(化粧品会社が開発した保湿成分)は、人間の肌自身がつくる保湿力の1%の効果も発揮できないものばかりです。

大きな効果がある自家保湿因子に、人工的なオイルやクリームを混ぜても、それらは「不純物」にすぎません。

反対に、肌本来の保湿力を低下させるだけです。 (さらに…)