美肌の極み

基礎化粧品であれ、ベースメークの化粧品であれ、じつは化粧品の多くは、肌をボロボロにしているのです。

美容液

基礎化粧品=麻薬

基礎化粧品=麻薬

確かに美容液クリームなどの基礎化粧品を塗ると、肌がしっとりした感触になるので、かなり乾燥した肌でも、当然調子が良いと錯覚させられます。

基礎化粧品には、肌を健康に見せる強力な薬のような効果があるのです。

そのため、基礎化粧品をつけるのをやめれば、洗顔後すぐに肌がつっぱり、粉をふき、ひび割れしそうになってしまいます。

そこで、慌てて美容液やクリームをつける。

すると、瞬時に潤いのある肌に早変りです。

要するに、基礎化粧品をつけずにはいられない肌になっているのです。

極度に乾燥した肌を、基礎化粧品という麻薬で誤魔化さざるをえないので、まさに「基礎化粧品依存症」といえるでしょう。

このような女性の肌は肉眼では一見健康そうですが、マイクロスコープ(美容カウンターでよく使われているもの)でほおの皮膚を拡大して調べると、肌の表面のキメは浅くなり、消え入りそうな薄い線になっていたり、消失したりしています。

さらに、毛穴が赤く炎症を起こしていたり、炎症後の色素沈着を起こして茶色くなっています。

顔全体が赤くなれば、今つけている基礎化粧品が肌に合わなくて皮膚炎を起こしていることがわかるのですが、軽度の皮膚炎では、毛穴をマイクロスコープで観察しなければわかりません。

しかし、このような軽度の炎症や乾燥でも、毎日基礎化粧品を使い続けていると、慢性化して、しだいに重症の乾燥肌、敏感肌に発展し、しまいには赤ら顔からくすみ、シミ、小ジワ、大ジワへとどんどん肌が老化していき、ますます化粧品に頼らずにはいられなくなるというわけです。

やはり、1日も早く化粧品を断つべきです。 (さらに…)

化粧品をやめる=炎症も消える

化粧品をやめる=炎症も消える

敏感肌の人はよく炎症を起こします。

毛穴が真っ赤になったり、茶色になったり、クレーターのように大きな穴があいていたりします。

このような人たちに、1ヶ月間、クレンジング化粧水美容液乳液クリームそしてファンデーションをやめ、洗顔もなるべく石鹸は使わず、水だけにしてもらうようにしました。

そして1ヵ月後、毛穴の炎症は劇的に良くなっていました。 (さらに…)