美肌の極み

基礎化粧品であれ、ベースメークの化粧品であれ、じつは化粧品の多くは、肌をボロボロにしているのです。

防腐剤

化粧品による防腐剤の害~常在菌の重要さ~

化粧品による防腐剤の害~常在菌の重要さ~

肌の表面を弱酸性に保って、雑菌などから肌を守っているのが、皮膚に棲みついている常在菌です。

しかし、化粧品をつけている人の肌を調べてみると、常在菌はほとんど生息していないことがわかりました。

これは明らかに防腐剤の影響です。

化粧水クリームファンデーションなどの化粧品は、数年たっても腐りません。

パラペンなどの強力な防腐剤が入っているためで、その殺菌力は消毒薬よりもはるかに強いのです。

そんなものを毎日肌につけて顔を消毒していたら、常在菌がほとんど死に絶えてしまうのも当然です。

1種類だけならまだしも、たいていの女性は毎日何種類もの化粧品をせっせとつけています。

単純計算で、2種類つければ2倍、3種類つければ3倍、4種類つければ4倍のパラペンが肌に付着することになります。

ちなみに、何種類もの化粧品をつけている人の皮膚には、聞いたこともない名前の雑菌がいっぱい付着していました。

常在菌のほとんどを殺してしまったためです。

そうなると、かゆみや炎症が出たり消えたり、またカビなどに感染してしまうのです。 (さらに…)

化粧品による水の害~化粧水~

化粧品による水の害~化粧水~

世の女性たちは、肌に水分を供給して保湿するために化粧水を使っています。

しかし、化粧水にも水にも、肌を潤す効果はありません。

それどころか、肌をかえって乾燥させてしまいます。

その理由としては、水は皮膚の表面を壊しますし、化粧水も約9割が水からできているからです。

では、具体的に水はどのように皮膚の表面を壊すのか説明していきましょう。

皮膚自身がつくりだしている自家保湿因子のひとつ、天然保湿因子は、真水などとはまったく異なり、さまざまな種類のアミノ酸やたんぱく質の分子が結合していたり、電解質の形で存在しています。

これによって、肌を潤すことができ、また、皮膚の中の水分も蒸発しないですむのです。

ところが、化粧水などに含まれるのはただの水なので、肌を潤すこともできず、時間がたつと、その水は必ず蒸発します。

その結果、最上部の角質細胞の端がめくれ上がったり、浮き上がったりします。

すると、皮膚の中の水分は、その隙間からどんどん蒸発するので、肌は必然と乾燥します。 (さらに…)