20歳の専門学生がネットで毎月10万円稼いでいる方法

病院代・薬代など医療費を節約する方法 


国民健康保険・国民年金の大幅削減マニュアル

普段あまり意識せず支払っている病院代や薬代といった医療費。その制度は非常に複雑で難解です。でも大丈夫!このサイトを見ればそんな医療費を節約できる術を身につけることができるのです。節約できるものはとことん節約しましょう!

サイトマップ TOP > 医療機関について

病院?医院?クリニック?

Q病院?総合病院?医院?クリニック?診療所?何がどう違うの??

Aベッド数がまず目安です。
診療所病院

【診療所】とは、入院用の病床数が19床以下(病床なしも含む)の医療機関を指します。

【病院】は、入院用の病床数が20床以上の医療機関を指します。

総合病院については以前要件があったのですが、現在はありません。

病院の名称は自由でクリニックなどとも名乗ることができます。
病院の区分:



地域医療支援病院】とは、ベッドが200床以上で、地域医療の中核となっている病院です。

一般病院や診療所からの紹介状を携えてくる患者を対象としているので、紹介状なしで受診すると「特定療養費」がかかります。

地域医療支援病院は都道府県知事の承認が必要です。

特定機能病院】とは、10以上の診療科目があり、400床以上のベッドを有する病院です。

大学病院国立がんセンターなどがこれに当たります。

高度医療の提供や研究を行っており、厚生労働大臣の認可が必要です。

【一般病院】とは、上の2つに該当しない病院です。

このように、医療機関は役割などにより分類されています。

ちょっとした風邪や腹痛、発熱などは、近くの診療所や一般病院へ行くのが妥当とされています。

そこでもし難しい病気や重症の場合は、紹介状などで大きな特定機能病院や地域支援病院へと移されることになります。

これによりスムーズで効率的な医療の提供ができるとされています。

患者の側からしても、軽い症状のものは、近くの診療所や一般病院へ行った方が医療費は安くすむケースが多いでしょう。

また、日頃から【かかりつけの医者】をつくっておくのは非常に大事です。

いくつも医療機関を渡り歩いて毎回無駄な重複した検査をされたり、必要以上の薬をもらうよりも、自分の体をよく知ってくれている医者にかかって、必要最小限の治療を受けるほうがうよいとは思いませんか?

信頼のおけるかかりつけ医をもつことは、大事なことです。

普通に生活して1年で100万円得した超節約術!
医療保険制度とは?
●医療機関について
病院?医院?クリニック?
かかりつけのお医者さん
●診療費について
同じ治療内容で支払金額が違う
初診料?1
初診料?2
診察なしでも診察料をとられる
診察なしでも再診料をとられる
電話問い合わせは診察
往診?
●診療科目について
小児科と内科
同じ症状ならどの診療科目?
2つ以上の科を受診したい
大人でも小児科OK?
時間外診療について1
時間外診療について2
●子供の病気・怪我について
通学中・通園中の怪我
医療手帳や医療証は他の科でもOK?
常勤と非常勤の医師で費用が違う?
発作の予防治療は?
●病院や医師について
保険証の秘密
必要のない検査
入退院時のお礼?
予防接種の値段
健康診断の診断料
歯の治療は急いでもらえる?
●入院費について
収入に不安があるのに入院できる?
稼ぎ頭の入院が長引く
差額ベッド代が他の人と違う?
入院のタイミングで費用が変わる?
●救急医療について
病院に運ばれたけどお金がない
ホームレスが病気になったら
救急車で運ばれる病院は指定できる?
●保険適用について
喧嘩の怪我で保険診療できる
予防接種で保険がきく?
整形でも保険がきく?
お得な出産とは?
マッサージに保険がきく?
旅行先に保険証を忘れた
海外で病気・怪我をしたとき
●薬代について
薬代を安くするジェネリック
薬はどこでも同じ値段?
薬の説明書は有料?
薬の空き容器をリサイクルして節約
慢性病の薬はまとめて処方が安い
●医療に関する法律について
労災について
医療費控除について
リンクについて
リンク集(病院代薬代関連)
リンク集(その他)
病院でドクターにアプローチする極秘テクニック!
【不妊解消】病院では教えてくれない 妊娠率92%の超妊娠法




病院代・薬代など医療費を節約する方法 All copyrights 2009 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。