20歳の専門学生がネットで毎月10万円稼いでいる方法

病院代・薬代など医療費を節約する方法 


国民健康保険・国民年金の大幅削減マニュアル

普段あまり意識せず支払っている病院代や薬代といった医療費。その制度は非常に複雑で難解です。でも大丈夫!このサイトを見ればそんな医療費を節約できる術を身に
つけることができるのです。節約できるものはとことん節約しましょう!

サイトマップ TOP > 医療機関について

かかりつけのお医者さん

Qかかりつけ医って何?よく聞くけどどういうものですか?

A厚生労働省や医師会は、医療機関の機能分化をはかるため、【かかりつけ医制度】を推進しています。



患者はまず、一般病院や診療所へ行き、そこで手に負えない高度医療が必要なものや専門的技術力が必要なものについて、特定機能病院地域医療支援病院へ紹介するという制度です。

これにより、高度な専門的技術をもつ特定機能病院や地域支援病院へ軽い症状の患者が受診するのを抑制し、待ち時間の短縮や高度な専門的技術を必要としている患者への集中ができるようになり、また「特定療養費」などの制度で、患者の集中を抑止することができます。

逆に一般病院や診療所は、まずは患者の窓口となり診療を行うことになります。

患者のほとんどは軽症であり、仮に重症であってもその専門知識により初期診断を行い、普段の経過からの所見を付して高度医療機関へ紹介し、制度の潤滑な運営の一助を行ってます。

患者側としては、高度医療機関をあちこち回って、重複した検査や必要以上に慎重になった結果の検査など多くの無駄ともいえる検査をしたり、通ったりする手間や費用をかけるよりも、近所のきまった診療所や病院でかかりつけのお医者さんに常日頃からみてもらえれば、本人の特性や病歴など健康管理的なところまでみてもらえ、当然無駄な検査や薬の処方まで最小限度で行ってもらえるの大きなメリットがあるといえます。

たとえば、腹痛で大病院へ行くと、やれ胃カメラだの、胃がんの検査だのレントゲンだの多くの検査を行うでしょう。(これは悪いことではなく、原因を突き止めるため手段であり、普段の様子がわからないため、あらゆる角度から診断しようとする結果です)

しかし、かかりつけ医なら、以前も中学校入学式の前に腹痛を起こしたことがあるというカルテをみて、今回も高校入学式だから、同じようにストレスが原因だろう、薬は必要なし。

もし続くようならもう一回受診して。という診断が簡単にできるのです。

どれだけ患者の財布と体の負担が違うか。。。これは極端な例ですが、こういうことです。

尚、かかりつけ医では、以下の点も有利であるといえます。

・薬によるアレルギー薬疹)の把握

・大病院での患者取り違えに対するリスクの回避

普通に生活して1年で100万円得した超節約術!
医療保険制度とは?
●医療機関について
病院?医院?クリニック?
かかりつけのお医者さん
●診療費について
同じ治療内容で支払金額が違う
初診料?1
初診料?2
診察なしでも診察料をとられる
診察なしでも再診料をとられる
電話問い合わせは診察
往診?
●診療科目について
小児科と内科
同じ症状ならどの診療科目?
2つ以上の科を受診したい
大人でも小児科OK?
時間外診療について1
時間外診療について2
●子供の病気・怪我について
通学中・通園中の怪我
医療手帳や医療証は他の科でもOK?
常勤と非常勤の医師で費用が違う?
発作の予防治療は?
●病院や医師について
保険証の秘密
必要のない検査
入退院時のお礼?
予防接種の値段
健康診断の診断料
歯の治療は急いでもらえる?
●入院費について
収入に不安があるのに入院できる?
稼ぎ頭の入院が長引く
差額ベッド代が他の人と違う?
入院のタイミングで費用が変わる?
●救急医療について
病院に運ばれたけどお金がない
ホームレスが病気になったら
救急車で運ばれる病院は指定できる?
●保険適用について
喧嘩の怪我で保険診療できる
予防接種で保険がきく?
整形でも保険がきく?
お得な出産とは?
マッサージに保険がきく?
旅行先に保険証を忘れた
海外で病気・怪我をしたとき
●薬代について
薬代を安くするジェネリック
薬はどこでも同じ値段?
薬の説明書は有料?
薬の空き容器をリサイクルして節約
慢性病の薬はまとめて処方が安い
●医療に関する法律について
労災について
医療費控除について
リンクについて
リンク集(病院代薬代関連)
リンク集(その他)
病院でドクターにアプローチする極秘テクニック!
【不妊解消】病院では教えてくれない 妊娠率92%の超妊娠法




病院代・薬代など医療費を節約する方法 All copyrights 2009 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。