20歳の専門学生がネットで毎月10万円稼いでいる方法

病院代・薬代など医療費を節約する方法 


国民健康保険・国民年金の大幅削減マニュアル

普段あまり意識せず支払っている病院代や薬代といった医療費。その制度は非常に複雑で難解です。でも大丈夫!このサイトを見ればそんな医療費を節約できる術を身につけることができるのです。節約できるものはとことん節約しましょう!

サイトマップ TOP > 保険適用について

お得な出産とは?

出産退職のタイミング次第でお得なときがある?

出産のため退職するときは、6か月以内に生みましょう。



保険は病気のときに使えるものですから、正常な妊娠・出産では保険は適用されません。定期検診やエコー検査、分娩費用すべてです。

ただし、切迫流産妊娠中毒症などで治療や入院が必要となったときは保険適用となります。多胎出産のときも結構保険が使えるようです。基本的に医師が必要と判断すれば、保険が適用できます。

帝王切開による分娩も保険適用されます。正常な出産ではないからです。

尚、事前に帝王切開を選択していた場合と、緊急で帝王切開に切り替えたときでは、費用が変わってきます。緊急の方が高くつきます。

また、出産する場所によっても費用がかわってきます。

一般的に病院よりも助産院のほうが安くすむようです。
出産は自費診療なので、医療機関が自由に金額を設定できます。

最近は、豪華な食事をつけたりするなどで差別化を図る産婦人科が多くあります。

ただし、出産に危険を伴うことが事前にわかっている場合は、各診療科を備えている総合病院の方がもしものときの対応が迅速にできますので、こういう場合は母体と赤ちゃんのことを第一に考えて選択すべきだと思います。

通常分娩費用は40〜50万円かかるといわれています。すべて自費診療です。

しかし、出産すると保険から「出産育児一時金」(被保険者の配偶者の場合は「配偶者出産育児一時金」)が支払われます。

これは子供1人につき42万円で、事実上の還付金となっています。

尚、妊娠13週以上の出産に支払われますので、流産死産であっても出産育児一時金は支払われます。

(出産育児一時金は、保険によって多少金額が違います)

また、出産で仕事を休む場合は、出産手当金が支払われ出産前42日間と出産後56日間が対象です。

金額は給料の6割程度です。ただしこの制度は国民健康保険にはありません。

出産のため、退職する場合は、退職後6か月以内に出産すれば、出産手当金を受け取ることができます。(1年以上被保険者であった場合という制限があります)

つまり、1年以上働いた会社を妊娠4〜5か月で退職すればもらえることになります。

ただし、出産日が出産予定日を前後することはよくあることですので、余裕をみて退職日を決定したほうがよいでしょう。

この手続きは申請書に医師に必要事項を記載してもらい、出産日の翌日以降に提出します。期限は2年以内です。

詳しくは、会社の保険担当者や保険者などに確認しましょう。

普通に生活して1年で100万円得した超節約術!
医療保険制度とは?
●医療機関について
病院?医院?クリニック?
かかりつけのお医者さん
●診療費について
同じ治療内容で支払金額が違う
初診料?1
初診料?2
診察なしでも診察料をとられる
診察なしでも再診料をとられる
電話問い合わせは診察
往診?
●診療科目について
小児科と内科
同じ症状ならどの診療科目?
2つ以上の科を受診したい
大人でも小児科OK?
時間外診療について1
時間外診療について2
●子供の病気・怪我について
通学中・通園中の怪我
医療手帳や医療証は他の科でもOK?
常勤と非常勤の医師で費用が違う?
発作の予防治療は?
●病院や医師について
保険証の秘密
必要のない検査
入退院時のお礼?
予防接種の値段
健康診断の診断料
歯の治療は急いでもらえる?
●入院費について
収入に不安があるのに入院できる?
稼ぎ頭の入院が長引く
差額ベッド代が他の人と違う?
入院のタイミングで費用が変わる?
●救急医療について
病院に運ばれたけどお金がない
ホームレスが病気になったら
救急車で運ばれる病院は指定できる?
●保険適用について
喧嘩の怪我で保険診療できる
予防接種で保険がきく?
整形でも保険がきく?
お得な出産とは?
マッサージに保険がきく?
旅行先に保険証を忘れた
海外で病気・怪我をしたとき
●薬代について
薬代を安くするジェネリック
薬はどこでも同じ値段?
薬の説明書は有料?
薬の空き容器をリサイクルして節約
慢性病の薬はまとめて処方が安い
●医療に関する法律について
労災について
医療費控除について
リンクについて
リンク集(病院代薬代関連)
リンク集(その他)
病院でドクターにアプローチする極秘テクニック!
【不妊解消】病院では教えてくれない 妊娠率92%の超妊娠法




病院代・薬代など医療費を節約する方法 All copyrights 2009 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。