20歳の専門学生がネットで毎月10万円稼いでいる方法

病院代・薬代など医療費を節約する方法 


国民健康保険・国民年金の大幅削減マニュアル

普段あまり意識せず支払っている病院代や薬代といった医療費。その制度は非常に複雑で難解です。でも大丈夫!このサイトを見ればそんな医療費を節約できる術を身につけることができるのです。節約できるものはとことん節約しましょう!

サイトマップ TOP > 医療に関する法律について

労災について

労災ってどういうものなのでしょう?

仕事中の傷病は「労働者災害補償法」によって無償で治療できます。



就業中や通勤途中(通勤ルートから外れている場合は適用外)に病気が怪我をした場合は、いわゆる労災によって治療ができます。

仕事中の怪我や仕事中に出されたお弁当で食中毒になった場合などは典型的な例です。

船員保険の場合は、通勤時の災害の場合、200円がかかります)

ストレスによるうつ病などの精神的な疾患や胃潰瘍などの内科疾患は、仕事との因果関係の立証が難しいので、認められないケースがほとんどでしょう。

労災対象の病気を保険証を使って診療すると、後で保険者から返金を求められます。

労災の場合、労災病院か、労災指定のある病院を受診するのでが、原則となります。

(近くに労災指定病院がないなどの理由で労災指定外の病院で受診した場合は、いったん全額自費で支払をし、療養補償給付たる療養の給付請求書と領収書を労働基準監督署へ提出して、返金を受けます)

病院の窓口では、「療養補償給付たる療養の給付請求書」という書類を提出する必要があります。

これは事業者の証明が必要です(事業者は就業中に起きた事故などを証明する義務があります)。

この書類は、医療機関から労働基準監督署へ送られて内容を審査されます。

ここで、労災と認定されれば自己負担は0です。認められなければ保険医療に切り替えます。

労災の手続きはすべて自分でする必要があります。

尚、通勤事故の場合は、自賠責保険が優先されます。

労災によって給付されるものは次のようなものがあります。

療養補償給付:治療費です

休業補償給付:療養のため休業する必要がある場合、給料の6割が休んだ日数分支払われます

障害補償給付:体に障害が残った場合に、障害の程度により額が異なり、年金か一時金が支払われます。

傷病補償年金:療養を始めて1年半経ってもなおらない場合に給付される年金です

介護補償給付:障害補償年金か傷病補償年金を受けている人が、自宅で介護を受けている場合に支給されます

遺族補償給付:葬祭料:労災で亡くなった場合、遺族に支給されます。

これらの給付は退職した後でも有効です。

普通に生活して1年で100万円得した超節約術!
医療保険制度とは?
●医療機関について
病院?医院?クリニック?
かかりつけのお医者さん
●診療費について
同じ治療内容で支払金額が違う
初診料?1
初診料?2
診察なしでも診察料をとられる
診察なしでも再診料をとられる
電話問い合わせは診察
往診?
●診療科目について
小児科と内科
同じ症状ならどの診療科目?
2つ以上の科を受診したい
大人でも小児科OK?
時間外診療について1
時間外診療について2
●子供の病気・怪我について
通学中・通園中の怪我
医療手帳や医療証は他の科でもOK?
常勤と非常勤の医師で費用が違う?
発作の予防治療は?
●病院や医師について
保険証の秘密
必要のない検査
入退院時のお礼?
予防接種の値段
健康診断の診断料
歯の治療は急いでもらえる?
●入院費について
収入に不安があるのに入院できる?
稼ぎ頭の入院が長引く
差額ベッド代が他の人と違う?
入院のタイミングで費用が変わる?
●救急医療について
病院に運ばれたけどお金がない
ホームレスが病気になったら
救急車で運ばれる病院は指定できる?
●保険適用について
喧嘩の怪我で保険診療できる
予防接種で保険がきく?
整形でも保険がきく?
お得な出産とは?
マッサージに保険がきく?
旅行先に保険証を忘れた
海外で病気・怪我をしたとき
●薬代について
薬代を安くするジェネリック
薬はどこでも同じ値段?
薬の説明書は有料?
薬の空き容器をリサイクルして節約
慢性病の薬はまとめて処方が安い
●医療に関する法律について
労災について
医療費控除について
リンクについて
リンク集(病院代薬代関連)
リンク集(その他)
病院でドクターにアプローチする極秘テクニック!
【不妊解消】病院では教えてくれない 妊娠率92%の超妊娠法




病院代・薬代など医療費を節約する方法 All copyrights 2009 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。