C型肝炎の基礎知識 

C型肝炎をはじめとするウイルス性肝炎の問題は、国民の健康に関わる重要な問題です。現在C型肝炎ウイルスに感染している人は、全国に約200万人以上いると推定されています。その中には自ら感染していることを知らないまま放置して病状が肝硬変や肝がんへ進行してしまう方がおられるのが現状です。

サイトマップ TOP >

C型肝炎ウイルスの感染経路

感染する危険性

C型肝炎ウイルスは主に感染している人の血液を介して感染します。



例えば以下のようなことがあった場合は、感染する危険性があります。

・C型肝炎ウイルスに感染している人と、注射器注射針を共用した場合

・C型肝炎ウイルスに感染している人に使用した注射器・注射針を適切な消毒をしないで繰り返し使用した場合

・C型肝炎ウイルスに感染している人からの輸血臓器移植等を受けた場合


感染する可能性

以下の場合にも感染する可能性があります。

・長期間にわたって血液透析を受けている場合

・頻繁に血液に触れる職業に従事している場合(特に針刺し事故など)

・C型肝炎ウイルスに感染している母親から生まれた子供の場合

・C型肝炎ウイルス陽性者の血液が付いた剃刀歯ブラシを共用した場合


感染しません

以下のような場合にはC型肝炎は感染しません。

・C型肝炎ウイルスはくしゃみ・咳・抱擁・食べ物・飲み物・食器やコップの共用、日常生活の接触では感染することはないとされています。

・C型肝炎ウイルス感染者だからといって職場などで差別を受ける理由は全くありません。

いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ
C型肝炎とは
C型肝炎の特徴と症状
C型肝炎ウイルスの感染経路
どのような人がC型肝炎の検査を受ければよいか
C型肝炎ウイルス感染の予防法
肝炎ウイルスの検査
リンクについて
リンク集
























C型肝炎の基礎知識 All copyrights 2009 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。