C型肝炎の基礎知識 

C型肝炎をはじめとするウイルス性肝炎の問題は、国民の健康に関わる重要な問題です。現在C型肝炎ウイルスに感染している人は、全国に約200万人以上いると推定されています。その中には自ら感染していることを知らないまま放置して病状が肝硬変や肝がんへ進行してしまう方がおられるのが現状です。

サイトマップ TOP >

どのような人がC型肝炎の検査を受ければよいか

以下のような人は、C型肝炎ウイルス感染の可能性が一般の方より高いといわれています。



・1992(平成4)年以前に輸血を受けた方

・長期に血液透析を受けている方

・輸入非加熱血液凝固因子製剤を投与された方

・上記と同等のリスクを有する非加熱血液凝固因子製剤を投与された方

・1994(平成6)年以前にフィブリノゲン製剤(フィブリン糊としての使用含む)を投与された方

・大きな手術を受けた方

臓器移植を受けた方

薬物濫用者、刺青をしている方

ボディピアスを施している方

・その他(過去に健康診断などの肝機能検査で異常を指摘されているにもかかわらず、その後肝炎の検査を受けていない方など)



いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ
C型肝炎とは
C型肝炎の特徴と症状
C型肝炎ウイルスの感染経路
どのような人がC型肝炎の検査を受ければよいか
C型肝炎ウイルス感染の予防法
肝炎ウイルスの検査
リンクについて
リンク集









C型肝炎の基礎知識 All copyrights 2009 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。