C型肝炎の基礎知識 

C型肝炎をはじめとするウイルス性肝炎の問題は、国民の健康に関わる重要な問題です。現在C型肝炎ウイルスに感染している人は、全国に約200万人以上いると推定されています。その中には自ら感染していることを知らないまま放置して病状が肝硬変や肝がんへ進行してしまう方がおられるのが現状です。

サイトマップ TOP >

肝炎ウイルスの検査

以下政府管掌健保の場合を記載します。



その他の保険に加入されている方は、加入保険の担当に確認ください。

肝炎対策の一環として、生活習慣病予防検診を受診される被保険者の方で、希望される方に肝炎ウイルス検査を実施しています。

尚、政管健保以外でも市区町村や保健所などにおける肝炎ウイルス検査が受けられる場合がありますので、市区町村または、保健所にお問い合わせください。



政管健保の肝炎ウイルス検査が受けられる方:

政府管掌健康保険の生活習慣病予防検診(一般検診)を受けることのできる35歳以上の方、一般検診の検査結果において、GPT値が36以上であった方(いずれも過去にC型肝炎に関す検査を受けたことのない方)に対し、希望により行います。

検査結果の通知:

検査終了者に対し、「政府管掌健康保険生活習慣病予防検診結果通知票」と併せて通知されます。



いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ
C型肝炎とは
C型肝炎の特徴と症状
C型肝炎ウイルスの感染経路
どのような人がC型肝炎の検査を受ければよいか
C型肝炎ウイルス感染の予防法
肝炎ウイルスの検査
リンクについて
リンク集



































C型肝炎の基礎知識 All copyrights 2009 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。