コストダウン!

コストダウンを実践している多くの会社で成果に導いているのは、前向きに取り組む社員のアイデアが多いのです。

コストダウンはつらい?

コストダウンはつらい?

コストダウンはつらい?

このエントリーをはてなブックマークに追加

コストダウンというと、「爪に火をともす」ようなイメージを持たれているかもしれません。

創業期の経営者でもない限り、日常的にコストダウンを考えている人は極少数でしょう。

そこには「売上なくしてコストダウンなし」という、売上拡大優先の考えがあると考えられます。

間違いではありませんが、経営者自身あるいは社員の大半が「コストダウンの重要性」という側面から目を背けていることに問題があります。

現場を担う多くの人たちは、日々の業務の流れや昔からのやり方に、少なからず改善の余地を感じているものですが、そんな人たちですらコストダウンは後回しになっているのではないでしょうか。

なぜコストダウンは実現されないのでしょう?

そこにはコストダウンの暗いイメージが影響していると考えられます。

「さらに新たな努力をすることになる」「我慢やストレスがかかる」「品質を落とす可能性がある」「顧客にも迷惑がかかる」「取引先との関係も悪くなる」「自分が享受できるメリットが少ない」「新たな設備導入などの投資費用がかかる」……

暗いイメージのために往々にして、コストダウンという言葉だけで二の足を踏んでしまい、思考停止することで現実から逃げているのです。

しかし、考えることをやめてしまえば何も変わりませんし、何も生まれません。

日々の業務において常に改善意識を持って臨んでいる人であれば、コストダウンの暗いイメージを払拭するだけでも必ず良い結果がもたらされます。

コストダウンは「やり方ひとつ」です。

そして、規制緩和、新規企業の参入、激しいシェア争いなどの動きをタイミング良く捉えれば、さらに早くコストダウンすることが可能です。

ここでは実行できるコストダウンの手法を提唱していきます。

新たな努力をすることなく、我慢やストレスもなく、品質を落とすことなく、顧客へ迷惑をかけることなく、取引先との関係も悪くならず、日々の業務でメリットを感じ、新たな設備導入などの投資費用をかけることなく実行可能なコストダウンです。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です