コストダウン!

コストダウンを実践している多くの会社で成果に導いているのは、前向きに取り組む社員のアイデアが多いのです。

コストダウンをすべきかどうか
このエントリーをはてなブックマークに追加

コストダウンをすべきかどうか

現状を認識する

現状を認識する

現状を認識し、会社のお金を大切に思って、一丸となってコストダウンに取り組んでいる会社に共通しているのが、コストダウンに対して貪欲にアンテナを張り巡らせているという点です。

社員1人ひとりが、常に会社のために改善策を模索しているのです。

では、これからコストダウンに取り組もうとしているところはどうでしょうか?

経理や総務の人でない限り、会社の各種経費を認識できる人は少ないでしょう。

まずは会社の大まかな現状を考えてみましょう。 (さらに…)

コストダウンの例

コストダウンの例

○テナント料

A社は、社用車1台1台の車検の日程や点検の管理を代行し、24時間体制で車両トラブルの対応も行っています。

政令指定都市で地下鉄駅にも近いビルにオフィスを構え、そのテナント料は月179万円。

移転すれば、移転先の保証金やテナント料以外にもコストがかかりますが、長期的な視野でテナント料を下げるには移転した方がいいのではとの考えもありました。

社外コンサルタントが調査した結果、オフィス部分、地下駐車場・倉庫も含めて、現状から29%下げられるという診断結果が出ました。

「建物の築年数がかなり古い」「空きテナントの坪あたり賃料よりかなり高い」「地域の賃料相場は下がっているのに、これまで引き下げが一度も行われていない」ことが分かったからです。

そこで、この客観的データを元にテナント料削減の代理交渉を行ったところ、29%(年間623万円)のコストダウンが実現したそうです。

A社の営業利益率が5%であるとすれば、割り戻して売上換算すると実に1億2460万円の売上を創出したに等しいことになります。

これは総売上の2.5%に相当します。

ここでのポイントは、客観的データにより交渉です。

A社が解約すれば空室率はさらに上がり、家賃収入が減るという点がオーナーにとって交渉に応じる要因になったのでしょう。 (さらに…)