コストダウン!

コストダウンを実践している多くの会社で成果に導いているのは、前向きに取り組む社員のアイデアが多いのです。

固定電話料金

固定電話料金

固定電話料金

このエントリーをはてなブックマークに追加

まず、第一に考えるのは現在利用している回線が全て必要なのかということです。

解約しても問題なさそうということならば、解約前に一旦休止してみて、問題ないと確定できれば解約すべきです。

電話加入権は、将来廃止される可能性があります。

売りたくても値が付かない時が訪れるのです。

しかも、不要な回線があるだけで基本料金がかかってしまうのです。

固定電話料金は基本料金と通話料金に分けられます。

直収型固定電話サービスに切り替えられない回線は、通話量が多ければマイライン(電話会社選択サービス)を他社に切り替えることで、特別大口料金を引き出すことができます。

未導入ならばまず加入することです。

固定電話料金で注意が必要なのが、何分、何秒でいくらかということです。

3分でいくらという場合は、1秒話しても3分ぶんの金額がかかるということです(携帯電話でも同様)。

例えば、業種・業態がテレアポ電話をかける比率が多いなら、通話時間が1分以上となることは稀でしょう。

アフターサービスの場合は通話時間が3分以上になることがほとんどのはずです。

前者なら単位分数の少ないプランを選択すればいいですし、後者なら単位分数が多くても安いプランを選択すればいいでしょう。

店舗や拠点に携帯を置き、それでやり取りすることで通話料を無料化できることもあります。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です