コストダウン!

コストダウンを実践している多くの会社で成果に導いているのは、前向きに取り組む社員のアイデアが多いのです。

基本的な手順

基本的な手順

基本的な手順

このエントリーをはてなブックマークに追加

まずは「全てのコストは必ず下がる」という意識を持った上で、

(1)削減したい項目の業界内の勢力状況を知る

(2)ネットで調べたり、専門家や友人・知人などに問い合わせる

(3)業界の販路構造や、体力のある(販売力があり、安く仕入れる力を持っていたり、割引余力があったりする)会社を知る

(4)交渉相手を知る

(5)自社の利用状況、活用状況を知る

(6)相見積りを取る

(7)交渉する

と進めていきましょう。

成果は大きいに起こしたことはありません。まずどの費用から着手すべきか、どれくらい効果が上がるのかの目安として、「コストダウン成果×売上影響度×顧客満足度×取引度満足度×社員満足度」で判断しましょう。

この概念式をできるだけ数値化できるよう伸したのが、下の表です。1つの参考としてください。

1

コストダウン成果 経費削減金額÷営業利益率原価低減金額÷粗利率

2

売上単価影響度(1) 平均顧客単価×値上げ率or値下げ率

3

顧客満足度(2) 顧客数×顧客増加率・減少率

4

売上影響度(3) (1)×(2)

5

取引先満足度 取引金額×値上げ率(+)or値下げ率(-)

6

社員満足度 社員数×平均収入×給与・賞与引き上げ率(+)or引き下げ率(-)
1~6の合計金額の多い文ほど、優先順位が高いと考えられる

損益分岐点

コストの認識を高めるために、損益分岐点について簡単に説明しましょう。

損益分岐点昼栂低いほど利益が多く、企業経営が安定していると考えられています。

そして、損益分岐点を下げるにはコストダウンの意識が不可欠です。

損益分岐点売上高

売上高から必要経費を全て引いて収支ゼロのラインです。

「利益+固定費+変動費」で算出されます。

固定費は、売上高や精算の変動に関係なく発生するコストのことで、人件費やテナント料、保険料、固定資産税などがあります。

一方、変動費は売上高や千三の変動に伴って変動するコストのことです。

原材料費、仕入原価、外注費、輸送費、交通費などがあります。

売上高がゼロでも、事情を始めた以上、固定費は必ずかかります。

さらに売上が増えれば変動費が増えてきます。

損益分岐点売上高=固定費÷(1-変動比率)
変動比率=変動費÷売上高

損益分岐点売上高=固定費÷(1-(変動費÷売上高))

損益分岐点売上高の計算は上の表のとおりになります。お好み焼屋を例に式を当てはめてみましょう。

テナント料は月15万円。人件費は月40万円。お好み焼は500円。

原価は1枚あたり150円。

光熱費などその他経費は月20万円です。

固定費:15万円(テナント料)+40万円(人件費)+20万円(その他経費)=75万円
変動費:150円@枚(小麦粉、肉、キャベツなど)

変動比率=150円(変動費)÷500円(売上高)=0.3

1-0.3(変動比率)=0.7

損益分岐点売上高:75÷0.7=107万1429円

毎月約107万円以上売り上げてやっと、利益を生み出せる計算になります。

実際の店舗運営はもろもろの経費がかかりますから、このように簡潔にはいきませんが……。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です