コストダウン!

コストダウンを実践している多くの会社で成果に導いているのは、前向きに取り組む社員のアイデアが多いのです。

損害保険

損害保険

このエントリーをはてなブックマークに追加

基本的な考えは生命保険と同じです。

自動車損害保険の場合、外資の直販系の方が、同じ内容でも保険料が安い傾向です。車両保険の見積額によって保険料は大きく違ってきますが、フォロー体制にも差があるので、一概に保険料だけでは決められないところです。

もっとも大事なことは、損害保険は一度使うと3等級下がりますが、1年間無事故でも1等級しか上がりません。

また、普通運転免許もブルーよりゴールドの方が保険料の安い商品があります。

損害保険の相談会社もあるので、相談してみましょう。

損害保険料もクレジット払いができることがあります。

【豆知識】

積立型の生保や損保では、その保険契約者は現契約を継続したままで、解約返戻金の80~90%内の貸付を受けることができます。

手続きが完了すると、数営業日後には指定口座に入金されます。

保険料控除も通常通り適用でき、配当金も受け取ります。

金利や条件、手続きなどは保険会社ごとに異なりますので、現在契約されている保険会社に問い合わせてみましょう。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です