コストダウン!

コストダウンを実践している多くの会社で成果に導いているのは、前向きに取り組む社員のアイデアが多いのです。

損益計算書

損益計算書

このエントリーをはてなブックマークに追加

会社運営に生じるコストと利益の関係を知れば、よりコストダウンの必要性が実感できるのではないでしょうか。

そこで大まかですが、損益計算書を使って利益とコストについて説明していきます。

会社の利益計算は、「収益-支出」です。表で色付けされている項目は支出にあたります。

家計簿と考え方の基本は同じですが、会社にはいろいろな支出が存在し、内容によって計上される欄が異なります。

それにより利益といっても5つの利益が存在するのです。

ここでは、それぞれの利益がどのような意味を持ち、算出されているのかを簡単に説明します。

コストダウンのテクニック   コストダウン!

 (A)売上純利益

売上総利益は、サービスや商品・製品の総売上(売上高)から、仕入・製造にかかったコストと昨年度からの在庫を引き、今期の売れ残りを加算した額で、通常「粗利益」と呼ばれます。

なお、売上原価には社員への給与やテナント料、光熱費などの一般的なコストは含まれていません。売上総利益が高ければ、それだけ利益の源泉が豊富ということになります。

この売上総利益を高めるためには、簡単に言うと「売上高を伸ばし仕入コストを抑える」ことになります。

売上高を伸ばすには。

販売単価を上げる、販売数量を増やすなどが、通常考えられる売上拡大の努力です。

コストは単に商品などの仕入れ値ではありません。

それを仕入れるのにかかる運搬費や手酢量、保険料、さらに保管のための倉庫代などの諸経費も含まれます。

利益拡大には売上高の追求だけでなく、諸経費を抑える努力も必要です。

仕入先との値段交渉や原価を抑えるための各種取り組みは、この項目の数字を少なくする努力といえます。

なお、売上総利益を売上高で割れば、売上高総利益率(粗利率)が算出できます。

売上高が高くても、粗利率が低ければ利益が少なくなります。

粗利率を業界平均や競合他社を比較することで、その業界のサービスや商品・製品の競争力が分かります。

(B)営業利益

会社が健全に業務を続けていくためには、会社としての営業活動を行うための人材、スペース、各種備品なども欠かせません。

つまり、社員に支払う給与や賞与、交通費、厚生年金や健康保険などの福利厚生費、拠点のテナント料、水道光熱費、各種備品、さらに宣伝・広告費や得意先との交際費などさまざまな費用がかかります。

「販売費及び一般管理費」はそれら会社の本業を営む上で発する経費を指します。

そして、営業利益は売上総利益から販売費及び一般管理費を引いた残額です。

つまり、売上総利益をいくら計上できたとしても、それと同等の経費を出していたのでは会社に利益は残らないのです。

損益計算書は、その会社が1年でどれだけ利益(損失)を出したかを数字で示すものですが、内容を確認すればどの項目にどれだけの経費が発生したかが分かります。

なお、営業利益を売上高で割れば、営業利益率が算出できます。

売上に対して営業(本業)での利益がどれほど占めているかが分かるのです。

これを過去の数字と比較すれば、状況の推移や一過性の外的要因が起因したことなどが見えてきます。

さらに同業他社や同規模の他社と比較すれば、経費に関する課題や改善点が見えてきます。

(C)経常利益

営業利益に、営業外収益を足し、営業外費用を引いたものが経常利益です。

営業外収益は簡単に言えば、銀行預金の利息や所有株式を売って得た利益など、本業以外での活動で出た儲け分です。

逆に、銀行の借り入れに伴う利息や株式売却で生じた損失、さらに為替により差損など、本業以外の活動で生じたのが営業外費用です。

経常利益は、本業で得た営業利益に本業ではないが毎年継続的に行われる財務活動から得られた損益を加算したものです。

(D)税引前当期純利益

経常利益に特別利益を足し、特別損失を引いたものが税引前当期純利益です。

特別利益は、固定資産や長期保有を目的としていた有価証券などを売却して得た利益など、その年にしか発生しない利益で、特別損失はそれらの売却による損失や、天災などの被害、損害賠償など、その年にしか発生しない損失です。

つまり、会社の収益力にその年の特殊事業を加算したものです。

(E)当期純利益

会社として活動していく以上、各種税金を納めなければいけません。

当期純利益は、税引前当期純利益から、法人税や住民税、事業税といった「法人税等調整額」を差し引いて算出した、その年度、最終的に残る利益です。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です