コストダウン!

コストダウンを実践している多くの会社で成果に導いているのは、前向きに取り組む社員のアイデアが多いのです。

生命保険

生命保険

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本には数多くの生命保険会社があります。

販売員に勧められるまま、知人から紹介されるまま、特約などの内容を把握せずに加入しているケースが多いです。

ここで、加入している保険が本当に妥当かを考えてみましょう。

節税のために、今ある全損の生保商品であるガン保険に加入している人もいるでしょう。

しかし、ガンの発見や治療の技術は日進月歩です。

ならば、各生保会社で設計されているガン保険のように手術給付金、治療給付金、入院給付金に相当する金額が本当に必要でしょうか?

加えて組立型で解約返戻金がある商品でも、その返戻率については下の表のように大きな差があります。

□解約変換率の例(46歳男性・積立型ガン保険)

A社

B社

C社

1年目

73.6%

59.9%

62.5%

3年目

80.8%

83.5%

77.2%

5年目

83.2%

84.1%

80.7%

10年目

86.9%

85.3%

83.8%

最近では、数ある保険会社の商品から最適なものを勧めてくれる会社があります。

法人単位は額が大きくなるだけに、積極的に相談に乗ってくれるはずです。

数社から話を聞いて、より多くの保険会社の代理店になっていて、分かりやすく対応してくれる会社で、最適な保険契約を選びましょう。

ちなみに、保険料をクレジット払いできる保険会社もあります。

うまくクレジット払いすれば、額が大きいだけに貯まるポイントも期待できます。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です