コストダウン!

コストダウンを実践している多くの会社で成果に導いているのは、前向きに取り組む社員のアイデアが多いのです。

生産性向上

生産性向上

生産性向上

このエントリーをはてなブックマークに追加

生産性とは、投資した時間や経費でどれだけの成果が得られたという考え方です。

したがって、社員の能力アップも人件費とコストダウンといえます。

そもそも会社とは、そこで働く人々を成長させるという使命も持っています。

去年より今年、今年より来年と、より成長できる環境でなければなりません。

埋もれさせたままでは力をもてあまし、気力も出ないでしょう。

一方、いきなり大きな業務を任せられては、ストレスや責任感に押しつぶされてしまいます。

社員がやめてしまえば、さらに新たな人材を募集・採用し、1から指導し直さなければなりません。

人を育てるのはコストがかかります。教育費という実質的なものだけでなく、指導する先輩の時間的コストもかかっているのです。

指導の間、先輩自身の業務は怠り、顧客への営業活動や作業成果は失われます。

また、トラブルが続けば、それを処理するための人的・金銭的コストもかかります。

それだけ全社で生産性を上げていくのは難しいことなのです。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です