コストダウン!

コストダウンを実践している多くの会社で成果に導いているのは、前向きに取り組む社員のアイデアが多いのです。

コストダウンの成果

基本的な手順

基本的な手順

まずは「全てのコストは必ず下がる」という意識を持った上で、

(1)削減したい項目の業界内の勢力状況を知る

(2)ネットで調べたり、専門家や友人・知人などに問い合わせる

(3)業界の販路構造や、体力のある(販売力があり、安く仕入れる力を持っていたり、割引余力があったりする)会社を知る

(4)交渉相手を知る

(5)自社の利用状況、活用状況を知る

(6)相見積りを取る

(7)交渉する

と進めていきましょう。

成果は大きいに起こしたことはありません。まずどの費用から着手すべきか、どれくらい効果が上がるのかの目安として、「コストダウン成果×売上影響度×顧客満足度×取引度満足度×社員満足度」で判断しましょう。

この概念式をできるだけ数値化できるよう伸したのが、下の表です。1つの参考としてください。

1

コストダウン成果 経費削減金額÷営業利益率原価低減金額÷粗利率

2

売上単価影響度(1) 平均顧客単価×値上げ率or値下げ率

3

顧客満足度(2) 顧客数×顧客増加率・減少率

4

売上影響度(3) (1)×(2)

5

取引先満足度 取引金額×値上げ率(+)or値下げ率(-)

6

社員満足度 社員数×平均収入×給与・賞与引き上げ率(+)or引き下げ率(-)
1~6の合計金額の多い文ほど、優先順位が高いと考えられる

(さらに…)

成果の算出の仕方

成果の算出の仕方

社内でコストダウンの取り組みをした際、成果がどれだけ上がったか知りたいものですよね?

率先した実行した人からすれば、できるだけたくさんの成果が上がった方が達成感を得られますし、周囲から評価されます。

しかし、成果の算出は「万人が納得する形」でなければなりません。

つまり客観性です。

個人それぞれの節約努力による使用料の減少分や、販売強化のための増加分は計算に含まず(人的要素を含め、不確定で曖昧な要素が多く含まれるから)、成果が現れだしたことが証明できる月から、成果創出後の量をベースにして、コストダウン前と後を金額比較するのです。

単純に数式化すると、「(コストダウン前単価×今回数量)-(コストダウン後成果×今回数量)=コストダウン成果」となります。 (さらに…)