コストダウン!

コストダウンを実践している多くの会社で成果に導いているのは、前向きに取り組む社員のアイデアが多いのです。

コストの差異

コストの差異

コストの差異

必要となる経費の内訳は、どの業績も全て同じにはなりません。

例えばA社にとっては真っ先に取り組むべきものでも、B社にとっては全く経費がかからないものもあります。

○業種業態の差

ひとくくりに会社・企業といっても、その業種・業態は千差万別です。

経営指標の1つに、労働分配率があります。

これは、人件費÷粗利益で算出します。

33.3%が適切とした理論や時代がありましたが、日本では建設業で50~60%、製造業で45~60%、卸売業で45~55%、小売業で45~60%、サービス業で55~65%という水準です。

営業利益は「粗利益-経費」です。

営業利益をプラマイ0%で考えた場合、人件費が65%であればそれ以外は35%しかありません。

それほど人件費は経費に占める割合が大きく、人件費削減が叫ばれる原因でもあります。

しかし基本的にリストラや人件費削減に手をつけたくないのが本音でしょう。

やはり人件費以外から抑えることになります。 (さらに…)