コストダウン!

コストダウンを実践している多くの会社で成果に導いているのは、前向きに取り組む社員のアイデアが多いのです。

携帯電話料金

実践例(携帯電話料金)

実践例(携帯電話料金)

実行のためのステップを踏み、コストの見直しができると判断できたとします。

営業部のAさんの料金を基に考えてみましょう。

彼の平均使用料は月1万円です。プランを見直すと8826円に削減できることが分かりました。

約15%の削減率になります。

これを営業部スタッフ10人で算出してみましょう。

大まかな数字を出すために削減率は10%とします。

月1万円の携帯料金として、1000円の削減×10人分×12ヶ月。つまり単純計算にして12万円のコストダウンです。 (さらに…)

携帯電話料金

携帯電話料金

携帯電話料金のコストダウンには、次のアプローチがあります。

(1)携帯電話番号が変わることも厭わないパターン

(2)他社携帯への移行を厭わないパターン

(3)現在の携帯会社のままでプランの最適化を図るパターン

削減効果は上げた順に高く、電話番号が変わっても問題ないのであれば、50%のコストダウンも夢ではありません。

(1)のパターンは通信会社(docomoかau)を、ソフトバンクモバイルかウィルコムに変えてしまうのです。

「携帯電話番号ポータビリティ(MNP)ができるのでは」と思われるかもしれませんが、このパターンでは大型代理店が抱えている在庫品(既に携帯電話番号が付いている)を特別価格で新規契約するのです。

当然、これまでの電話番号は使えませんし、機種やカラーなどは最新式ではありません。

また、これまで使っていた携帯の情報が持ち出せない、解約手数料がかかるといったデメリットもあります。

しかし、10人の部署で電話料金が月額10万円だった場合、約5万円のコストダウンが考えられます。 (さらに…)