初めての役員・取締役入門

会社の所有者である株主ではなく、経営の専門家である「取締役」が株式会社の実際の事業を行うのです

代表取締役の選任

代表取締役の選任

代表取締役の選任

このエントリーをはてなブックマークに追加

代表取締役は、取締役会で取締役の中から選任されます。

また、取締役会は代表取締役を選任・解任する権限を持ちます。

一般的に代表取締役の選任は、毎事業年度の終了後に開催される定時株主総会の直後の取締役会で行われ、過半数の取締役が出席した取締役会で、過半数の賛成によって選出されます。

専務、常務等の役付取締役制度のある会社では、代表取締役の選出と同時に役付取締役の選出も行われ、総務担当、営業担当などの取締役ごとの職務分掌が決定されます。

代表取締役が選任されると、その氏名および住所が登記簿謄本に登記されます。

つまり、自宅住所までが公開されることになるため、会社が倒産した場合は、謄本を見て代表取締役に連絡することができます。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です