初めての役員・取締役入門

会社の所有者である株主ではなく、経営の専門家である「取締役」が株式会社の実際の事業を行うのです

取締役の社会的意味

取締役の社会的意味

取締役の社会的意味

このエントリーをはてなブックマークに追加

取締役に就任するにあたって最も注意しなくてはならない点は、取締役は経営のプロとして、会社と委任契約にあるため、従業員とは地位が明らかに異なることです。

取締役への就任と同時に、従業員の地位を失う場合もあり、その場合は、会社とは「委託関係」だけの関係になります。

そこで、結果が出なければ、会社は定年になるまで給与を支給してはくれません。

また、取締役に就任すると、会社や債務者などの第三者に対して、多額の損害賠償義務を負う可能性もあります。

そこで、常に厳しい経営責任を問われることを覚悟しなければなりません。

初めて取締役に就任する場合には、従業員の地位と取締役の地位を兼ねた「使用人兼務取締役」として取り扱われる場合もあります。

しかし、常務取締役以上の役付取締役になると、税務上、従業員としての給与の支払いが損金算入できないので、通常は従業員の地位は失うことになります。

名前だけを貸している「名目取締役」というものもあります。

しかし、たとえ報酬をもらっていないとしても、取締役として登記している以上は、名目取締役であっても、第三者に対する賠償責任を負うこともあります。

常勤の取締役に比べて責任が軽くなるわけではありません。

取締役へ就任する際には、その社会的意味をよく理解しておくことが重要です。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です