初めての役員・取締役入門

会社の所有者である株主ではなく、経営の専門家である「取締役」が株式会社の実際の事業を行うのです

取締役会と監査役

取締役会と監査役

取締役会と監査役

このエントリーをはてなブックマークに追加

会社の事業規模が大きいと、株主から経営を委任された取締役の仕事の範囲や行使する権限も大きくなります。

そこで、「監査役」と「取締役会」を設置して、取締役が権限を濫用しないようにチェックすることが必要になります。

監査役の主な役目は、取締役の業務をチェックすることです。

会社の会計処理がきちんと行われているかを監視することを「会計監査」といい、取締役の業務執行が適法に行われているかを監査することを「適法性監査」といいます。

しかし、これだけでは取締役の行動をチェックするには不十分です。

そこで、取締役で構成される取締役会を設置して、監査役とダブルチェックで取締役を監視します。

監査役が取締役が執行している業務が適法であるかどうかを監査するのに対し、取締役会は取締役の「業務執行の妥当性」、つまり、取締役の行為が会社にとってプラスであるか、または阻害要因になっていないかを監査するのです。

具体的には、取締役会は代表取締役や業務執行取締役の職務執行が法令や定款に違反していないかを監督します。

代表取締役は重要な業務執行を取締役会の決定に基づいて遂行します。

しかし、時には独断専行になったり、誤った判断をする場合もあります。

そこで、取締役会は、代表取締役の職務執行を監督、是正することができるようになっています。

また、取締役会には代表取締役の選解任権があり、代表取締役が適法かつ妥当に業務を執行していないと判断した場合には解任することができます。

取締役会には「重要な業務執行の決定」というもうひとつの権限があります。

経営方針などの経営の重要事項は取締役会で決定し、代表取締役や業務執行取締役は、取締役会で決定された経営計画にしたがって会社を経営することになります。

その他、多額の借入や重要な会社の財産の処分・譲り受けなど、会社の経営にとって重要な事項も取締役会が決定します。

このように、取締役に就任すると取締役会の構成員となり、会社の経営の方針を決定していかなければなりません。

たとえば、新たな提携企業と新規事業を開始する場合に、その決定を行うのは取締役会、事業を遂行するための契約の締結や、実際に事業を指揮するのが代表取締役です。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です